ビフィドバクテリウム

犬の腸内細菌 Vol.1ビフィズス菌

最終更新日:
公開日:2021/08/18

犬のマイクロバイオーム(腸内細菌/腸内フローラのこと)について不定期に語るシリーズを始めました。第一弾はビフィズス菌について。

そもそもビフィズス菌って何だ? みたいなところから始めます。

※冒頭写真:Public Health Image Library

ビフィズス菌とは何か? 乳酸菌とは違うの?

ビフィズス菌の定義

ビフィズス菌とは、ビフィドバクテリウム属というグループに所属する細菌の総称です。

厳密に書くと、アクチノバクテリア門 > アクチノバクテリア綱 >ビフィドバクテリウム目 > ビフィドバクテリウム科 > ビフィドバクテリウム属 という分類です。

このビフィドバクテリウム属の中に、ビフィダムやロンガムといった「種(しゅ)」が色々と存在します。

種の中には、さらに文化した株という単位も存在します。

株というのは、同じ種のなかでも特殊な機能/特性をもった個体およびグループのことで、例えばヒトという種の中に、アスリートとかナチュラリスト、みたいな特殊能力を持ったグループがいるのと同じような概念で良いかと思います。

乳酸菌とは何か?

ヨーグルトのイメージのせいか、どうもビフィズス菌と混同してしまいがちなのが乳酸菌。乳酸菌は、乳酸を産生する(=代謝するともいいます)機能を持った細菌たちの総称で、例えばファーミキューテス門のラクトバチルス属の細菌たちの多くは乳酸を産生します。

一方、同じくファーミキューテス門のエンテロコッカス属の細菌たちも乳酸を産生します。そして同じくファーミキューテス門のストレプトコッカス属というグループも乳酸を産生します。

これらは全て乳酸菌と表現できます。

ビフィズス菌が系統による分類だったのに対して、乳酸菌は機能による分類と言えます。

腸内細菌と言えばビフィズス菌や乳酸菌を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?この2つのグループはいわゆる善玉菌の代表的な存在で、耳にする機会も多い

犬とビフィズス菌の関係

犬にとってビフィズス菌は重要か?

これは、じつはとても重要な問いです。世の中には、「善玉菌のビフィズス菌を増やす」といったキャッチコピーが多く存在します。ビフィズス菌は人間にとって有益なのは間違いありません。

そして、犬にとっては実はそんなに重要ではないかもしれません。

犬のマイクロバイオーム/腸内細菌の研究は、実はあまり進んでいません。犬と人間はある程度食料資源を共有しているため、人間にとって良いものは、おそらくは犬にとっても良いだろうという仮説があり、これが一人歩きして、ペットフードやペットサプリのキャッチコピーが作られている側面が大きいように思います。

(関連記事:腸内細菌のコントロールで健康課題解決を目指す犬用、猫用サプリ)

犬にはビフィズス菌はほとんどいない

人間と食住を共有しているにも関わらず、健康な犬の標準的な腸内にはビフィズス菌はほとんどいません。(もちろん個体差はあります)

健康なのにビフィズス菌がいない、もしくは少ないというのは、自然状態では、そもそもそんなに必要ではないと理解して良いでしょう。よってビフィズス菌を増やします、といった趣旨のフードやサプリは、ちょっと乱暴かなぁと思います。

食物繊維豊富な イモ類 根菜類
昨今では犬にも腸活という概念が広がってきました。大手メーカーを中心に犬の腸内細菌関連の商品が目立つ今日この頃ですね。 そんな中、犬の腸にとって良

犬のマイクロバイオーム/腸内細菌解析で見えること

ビフィズス菌への過信は禁物?

Forema では愛犬、愛猫のマイクロバイオーム解析を行なっています。その中で実際に見えてくるのは、「やはり犬のおなかにビフィズス菌はいない」ということ。

いや、実際にはいても検出できないくらい少ないとか、検出できても0.1%とか、そういったレベルです。(人間のお腹でも少数派)

が、たまに5%とか8%とか、明らかに他より多い割合でビフィズス菌を保有している個体もおり、これはおそらくは飼い主さんが毎日ヨーグルトを与えているのだろうと推察できます。事実、商品として有名な種(ロンガムなど)がドーンと多い、というようなケースにしばしば出逢います。実際にユーザーヒアリングをしても「あ、食べさせていました」といった回答が得られます。

犬にビフィズス菌が多かった場合、果たしてどういったデメリットがあるのかは未解明ですが、過ぎたるは及ばざるがごとしということで、ビフィズス菌を必要以上に信奉しなくて良いかもしれません。犬の場合は。

マイクロバイオーム解析
マイクロバイオーム解析

ならばビフィズス菌は不要か?

あまりいなくてもよいのならば、犬にとってのヨーグルト摂取/ビフィズス菌の摂取は不要なのでしょうか?

現時点では、「不要かもしれませんが、いたらいたで歓迎」解釈しています。

ビフィズス菌は、人間の場合であれば腸内への定着もある程度期待できます。が、実際には必ずしも定着しなくても、一時的に止まる事で他の細菌たちへの良い影響が期待できます。

これはビフィズス菌に限らず、いわゆる善玉菌に共通する事柄で、その細菌が産出する成分が他の細菌の餌になったり、また細菌の死骸そのものも他の細菌の餌になって影響を与えるという波及があります。

「良い細菌の代謝物や死骸」を好むのは「良い細菌たち」という、類友みたいな実情が細菌の世界にも存在します。結果として、良い細菌を摂取すると間接的に体への良い影響が期待できます。もちろん個体差はありますが。

Forema Nature 野菜と猪
愛犬、愛猫に手作りでご飯をあげるという価値観が普及してくるとともに、「犬の手作りご飯は良くない」という声も聞かれるようになりました。 ここでは、

大型犬と小型犬の腸内細菌に違いはあるか?

おそらくはあります。これまでForemaで解析してきた実例からも、また海外を含めた論文からも、大型犬と小型犬ではマイクロバイオーム/腸内細菌の組成は異なっています。

ただし背景はなかなか複雑です。

繁殖の背景による違い

日本の場合、小型犬は最初から腸内細菌の組成がおかしい場合が多い印象です。(あくまで印象です!)

最初からおかしいのは、無理な掛け合わせによる遺伝的な問題の可能性もありますし、無理な繁殖現場で必要以上に投与された抗生物質の影響の可能性もあります。幼少期の抗生物質投与はマイクロバイオームが撹乱される最大の要因の一つです。

異常なまでに小型化され続ける小型犬〜超小型犬と、犬本来の原型をとどめている大型犬では、腸内の組成は違って当然と言えるように思えます。もちろん大型犬でも純血種という価値観に縛られすぎて遺伝的多様性が狭まっている事例は多々ありますので、それぞれ個別に問題を抱えているともいます。

種としての違い

種の定義は、交配によって「繁殖能力のある子供を残せる」ということ。

馬とロバは、交配で子供(ラバ)は生まれますが、生まれた子供には繁殖能力がないため、同じ種とは定義されません。ヒョウとライオンのあいのこであるレオポンも同様です。

一方で、イヌとオオカミは、交配によって繁殖できる子孫を残せるため、同じ種として分類されています。

信じられないかもしれませんが、イエイヌはオオカミは分類上は同じ種なのです(亜種)。(余談:北米で見られる黒い狼はオオカミは、過去のどこかでイエイヌの遺伝子が入った個体なのだそうです)

では、グレートピレニーズとティーカッププードルは交配して子孫を残せるのでしょうか? 遺伝的にはOKでも物理的に無理でしょう。交配という行為の可否の問題、また仮に交配が成功しても、ティーカッププードルのお腹の中でグレートピレニーズの子供が(母体含め)無事成長できるとは考えづらいため、両種は実質的に別種となったと捉えた方が良いように思います。

そうした「おもて世界」の実情が、腸内にも現れているのだと思います。

後半は話がそれましたが、次回は犬と乳酸菌について書く予定です。

ストレプトコッカス
前回、犬とビフィズス菌について記載しました。今回はなんとなくビフィズス菌と混同されそうな乳酸菌についてお伝えします。 冒頭写真:Public H

この記事を読んだ人にオススメしたい商品

愛犬、愛猫の腸内細菌解析
ここまで分かる! 愛犬 愛猫の腸内細菌解析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です