聖湖のSUPとカヤックのお話

社員研修の一環として、広島県北の北広島町にある聖湖(ひじりこ)で、SUP(サップ)とカヤックに参加させて頂きましたので簡単にレポートします。 大きな寒暖差と燃える紅葉 聖湖のある八幡エリアは極寒です。日本海からの寒気がた … 続きを読む 聖湖のSUPとカヤックのお話

犬とジビエ -鹿や猪は有益な健康食

Forema では、ペット用(愛犬、愛猫、時々フェレット)に有益な無添加食材として国産の鹿肉・猪肉(いわゆるジビエ )をお届けしています。 前提として、これらのお肉はヘルシーな無添加食という考え方があります。が、その前提 … 続きを読む 犬とジビエ -鹿や猪は有益な健康食

人間は鹿の増加を抑制できるか? 屋久島の事例を考える

近年の鹿や猪が激増した要因の一つとして、日本の生態系の頂点捕食者であったニホンオオカミの絶滅が挙げられます。では、元々オオカミのいなかった地域では、昔と今を比較するとどうなっているのでしょうか? 閉じた生態系である島嶼部 … 続きを読む 人間は鹿の増加を抑制できるか? 屋久島の事例を考える

「犬はオオカミと違う!」は本当か? 生食と手作り食について考える

熱心な愛犬家や、犬の健康に感度の高い層を中心に、「生食」や「手作り食」という価値観が広がっています。 同時に、獣医さんや専門家を中心に「生食」や「手作り食」に対して警鐘を鳴らす見解もしばしば目にします。 果たして真相はい … 続きを読む 「犬はオオカミと違う!」は本当か? 生食と手作り食について考える

分からないことだらけ..犬と乳酸菌

腸内細菌と言えばビフィズス菌や乳酸菌を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?この2つのグループはいわゆる善玉菌の代表的な存在で、耳にする機会も多いもの。人間にとって有益なこれらの細菌たちは、では犬にとってはどのような … 続きを読む 分からないことだらけ..犬と乳酸菌

生殖機能を奪う!?除草剤アトラジンの静かなる影響

以前、除草剤のネオニコチノイドが宍道湖の生態系を破壊しているといった趣旨の記事を書きました。ウナギやワカサギなどの稚魚が、ネオニコチノイド導入によって激減していたという酷い事案でした。 除草剤に関する「別件」として、今回 … 続きを読む 生殖機能を奪う!?除草剤アトラジンの静かなる影響

犬とアレルギー、グルテンフリー.. そして抗生物質

2012年のカナダでの話。二十歳の女性がボーイフレンドとキスをした直後に死亡するという事故がありました。原因は、男性が数時間前に食べたピーナッツバター。女性は重度のピーナッツアレルギーだったそうです。 1950年代にはと … 続きを読む 犬とアレルギー、グルテンフリー.. そして抗生物質

愛犬のマイクロバイオームをケア 「Forema Nature 腸内細菌」について

「Forena Nature(フォレマ ネイチャー)」シリーズの新商品、「Forema Nature 腸内細菌(鹿)」が登場しました。一見すると意味不明なこの商品の背景を、できるだけ簡素な形でお伝えします。 Forema … 続きを読む 愛犬のマイクロバイオームをケア 「Forema Nature 腸内細菌」について

三段峡シャワークライミング

先日、奥三段峡のシャワークライミングをレポートしましたが、今回はその下流の景勝地、三段峡のシャワークライミングをご紹介します。 今回は三段峡の長渕から龍の口までの距離を水面から遡上します。距離としては大したコトないのです … 続きを読む 三段峡シャワークライミング

奥三段峡 シャワークライミング

社員研修と称して、西日本有数の景勝地、安芸太田町の「三段峡」でシャワークライミングに参加してきました。初日は、三段峡からさらに奥に入った「奥三段峡」での実施です。 人の立ち入らない秘境 奥三段峡 「三段峡」は、広島の人な … 続きを読む 奥三段峡 シャワークライミング

犬とアレルギー、マイクロバイオーム ..抗生物質

人も人間も、増え続けるアレルギー。原因はアレルゲンと呼ばれるタンパク質であるとされており、対策として低アレルゲンの食事に切り替える方法が一般化しています。 が、逃げ続けることがアレルギーの根本の対策なのでしょうか? そも … 続きを読む 犬とアレルギー、マイクロバイオーム ..抗生物質

象牙とサイの角と鹿の角

鹿の角の先っぽを使ったForema のアイテム「鹿の角先ストラップ」をFacebook(以下FB)のショップにアップしたところ、不適切な商品としてアラートが出たので、その流れで書きます。 なぜ鹿の角が不適切なのか? これ … 続きを読む 象牙とサイの角と鹿の角

ニホンオオカミ絶滅の原因と影響について

ニホンオオカミが絶滅したのは明治末期の1905年とされています。最後に捕獲された個体の記録が根拠ですが、その後もしばらくは目撃例はあったようです。 かつて神とも崇められた頂点捕食者はなぜ絶滅してしまったのでしょうか?ここ … 続きを読む ニホンオオカミ絶滅の原因と影響について

猪のジビエドッグフード Forema Nature 猪 成分紹介

野生の猪のお肉で作られたドッグフード 「Forema Nature 猪」のご紹介。保存料や着色料、香料など、いわゆる添加物は一切使用していない、体にやさしいドッグフードです。(キャットフードとしてもご利用いただけます) … 続きを読む 猪のジビエドッグフード Forema Nature 猪 成分紹介

愛犬に与える 鹿肉のメリットと効果

近年ではしばしば耳にするようになった「犬に鹿肉」というキーワード。鹿肉で元気になったという話もあれば、東洋医学の観点で夏場はお勧めしないという説もあり、一般論が定まらない部分があるのも確か。ここでは鹿肉のメリットと効果に … 続きを読む 愛犬に与える 鹿肉のメリットと効果

鹿肉ドッグフード Forema Nature 鹿について

鹿肉で作られたドッグフード 「Forema Nature 鹿」のご紹介。保存料や着色料、香料など、いわゆる添加物は一切不使用のドッグフードです。 Forema Nature 鹿とはなにか? 「Forema Nature … 続きを読む 鹿肉ドッグフード Forema Nature 鹿について

つまり何なの? プロバイオティクスとプレバイオティクスについて

昨今、健康食品や高級ペットフードまわりでしばしば耳にする「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」。何となく良さそうなのはわかったけど「結局何なの?」という人も多いはず。ここではその詳細と本質についてお伝えできればと … 続きを読む つまり何なの? プロバイオティクスとプレバイオティクスについて

犬と鹿肉 -生態系の中での関係

愛犬に鹿肉を与える大きな理由の一つとしてアレルギー対策が挙げられます。多くの食材を試し、最終的に鹿肉にたどり着いたというケースは少なくありません。 では、特にアレルギー症状のない健康なペット犬にとって、鹿肉はどんな意味合 … 続きを読む 犬と鹿肉 -生態系の中での関係

Forema 農園 6月なかば

Forema 農園開始から1ヶ月たった6月。最悪の場合、数日で虫たちや雑草に制圧され、淘汰される可能性もあったのですが..。 経過を報告します。 トウモロコシ13本の行方 水やりをしない、耕さない、草を抜かない 5月下旬 … 続きを読む Forema 農園 6月なかば

ニホンオオカミに関する書籍紹介

この頃、どういうわけか検索キーワードとして上昇を見せているニホンオオカミ。まだ生き残っているという説も根強く、ちょっとしたロマンをくすぐる存在です。 同時に、生態系にとって最も重要なキーストーン種でもあり、その近年の鹿・ … 続きを読む ニホンオオカミに関する書籍紹介