聖湖のSUPとカヤックのお話

社員研修の一環として、広島県北の北広島町にある聖湖(ひじりこ)で、SUP(サップ)とカヤックに参加させて頂きましたので簡単にレポートします。 大きな寒暖差と燃える紅葉 聖湖のある八幡エリアは極寒です。日本海からの寒気がた … 続きを読む 聖湖のSUPとカヤックのお話

生殖機能を奪う!?除草剤アトラジンの静かなる影響

以前、除草剤のネオニコチノイドが宍道湖の生態系を破壊しているといった趣旨の記事を書きました。ウナギやワカサギなどの稚魚が、ネオニコチノイド導入によって激減していたという酷い事案でした。 除草剤に関する「別件」として、今回 … 続きを読む 生殖機能を奪う!?除草剤アトラジンの静かなる影響

奥三段峡 シャワークライミング

社員研修と称して、西日本有数の景勝地、安芸太田町の「三段峡」でシャワークライミングに参加してきました。初日は、三段峡からさらに奥に入った「奥三段峡」での実施です。 人の立ち入らない秘境 奥三段峡 「三段峡」は、広島の人な … 続きを読む 奥三段峡 シャワークライミング

共生?それとも自然破壊?深入山に見る山焼きについて

山焼きという行為をご存知でしょうか? 文字通り山を焼くわけですが、国内では(場所によっては)1,000年以上前から行われてきた伝統的な取り組みでもあります。そして近年では自然破壊だ!と非難の声も上がっています。そんな山焼 … 続きを読む 共生?それとも自然破壊?深入山に見る山焼きについて

新型コロナより危ない?薬剤耐性菌

21世紀は感染症との戦いになるそうです。しかしなぜ今さら? その原因として指摘されているのが気候変動、そして薬剤耐性菌です。ここでは後者にスポットを当てて深掘りします。 薬剤耐性菌とは何か? Doc. RNDr. Jos … 続きを読む 新型コロナより危ない?薬剤耐性菌

ウナギの激減とネオニコチノイド

ウナギの激減は乱獲だと思っていました。もちろんそれも大変大きな要因なのですが、その前段階として、ネオニコチノイド(殺虫剤)がウナギの激減に大きく関与していたという研究結果が2019年の11月にサイエンス誌に掲載されました … 続きを読む ウナギの激減とネオニコチノイド

水鳥たちが害鳥に..諫早湾に見る野生鳥獣の実情

諫早の干拓事業をご存知でしょうか?私は学生時代に履修した「環境科学」の講義で諫早干拓事業と環境についての問題を知りました。十数年の時を経た今、問題は野生鳥獣の農作物被害という新たな問題に飛び火しています。 小泉 靖宜株式 … 続きを読む 水鳥たちが害鳥に..諫早湾に見る野生鳥獣の実情

完全無添加生活を実現!? ペットさん定期便のお知らせです

ジビエ肉がわんちゃんや猫ちゃんの健康のためにとても良いというのは、愛犬家・愛猫家・病気のペットのいる飼い主さんの間では浸透しつつありますが、みなさん、ジビエ肉=高額という印象だったり、出どころが分からないから不安。。と感 … 続きを読む 完全無添加生活を実現!? ペットさん定期便のお知らせです

プランクBBQの板ができるまで

昨年からForemaのブログにしばしば登場しているプランクBBQの板。ただの杉板にしてただの杉板にあらず。それでは一体何なのか!?ここではプランクBBQの板ができるまでのプロセスをご紹介します。 小泉 靖宜株式会社For … 続きを読む プランクBBQの板ができるまで

ペットと食について

大切な家族である、ワンちゃんやネコちゃんには、いつまでも元気で傍にいてほしいものです。 人間もそうであるように、動物の体も食べ物で作られています。なので、食べ物に気をつかってあげることで、健康でいてくれる時間がもっともっ … 続きを読む ペットと食について

鹿肉がアレルギーフリーという説は本当か?

野生の鹿や猪が国産ジビエとしてもてはやされる以前から、ジビエはアレルギーフリー食材として言及されることがしばしばありました。Foremaとして広くジビエ食材を扱っていく中で色々と見えて来た今、アレルギーという視点で国産ジ … 続きを読む 鹿肉がアレルギーフリーという説は本当か?

「アウトドア×ジビエ」レシピあり。

季節はすっかり春に移り変わり、やわらかな陽射しが心地よく夜になっても寒さに凍えることもなくなりました。 そうなると動きも活発になるもので、アウトドアでBBQなどしたくなりますね。 yasudaやっぱり猫が好き。

乱獲かもしれない..ニホンアナグマの駆除について

以前猟師さんに聞いた話ですが、アナグマはとても美味しいのだそうです。それを証明するかのように、昨今一部のシェフの間でアナグマが話題になっています。曰く「とても美味」なのだと・・。 ※冒頭写真:作者 Alpsdake (投 … 続きを読む 乱獲かもしれない..ニホンアナグマの駆除について

いわゆる鹿のトロフィー 鹿角の活用事例

猟師さんのところに行くと大抵置いてある鹿の頭部の骨。一般的には鹿のトロフィーと言うのだそうです(あまり好きな表現ではありませんが..)。これの品の背景について記載します。 小泉 靖宜株式会社Forema(フォレマ) 代表 … 続きを読む いわゆる鹿のトロフィー 鹿角の活用事例

毛利ゆかりの地・安芸高田市の猟師さんのお話し―古門さん②

広島は安芸高田市より、先日もご紹介した凄腕猟師の古門さん達が鹿角頭部付を持ってForema事務所に寄ってくださいました! 毛利ゆかりの地・安芸高田市の猟師さんのお話し。 yasudaやっぱり猫が好き。