ペットと食について

大切な家族である、ワンちゃんやネコちゃんには、いつまでも元気で傍にいてほしいものです。

人間もそうであるように、動物の体も食べ物で作られています。なので、食べ物に気をつかってあげることで、健康でいてくれる時間がもっともっと増えるのではないでしょうか?

今回は、ジビエ肉×ペットごはんについて触れてみたいと思います。

続きを読む ペットと食について

ペットさん定期便用の猪肉を試食しました。

今や犬や猫は、「ペット」ではなく、もうパートナーだったり家族の一員になっている家庭も少なくないと思います。

大切な家族だからこそ、出来るだけ長く元気で傍にいて欲しいと願うもの。ただ、どうしても人間よりも寿命が短いのは受け入れなければならない現実です。

続きを読む ペットさん定期便用の猪肉を試食しました。

ジビエはアレルギーフリーか?

野生の鹿や猪が国産ジビエとしてもてはやされる以前から、ジビエはアレルギーフリー食材として言及されることがしばしばありました。Foremaとして広くジビエ食材を扱っていく中で色々と見えて来た今、アレルギーという視点で国産ジビエについて言及したいと思います。

続きを読む ジビエはアレルギーフリーか?

「アウトドア×ジビエ」レシピあり。

季節はすっかり春に移り変わり、やわらかな陽射しが心地よく夜になっても寒さに凍えることもなくなりました。

そうなると動きも活発になるもので、アウトドアでBBQなどしたくなりますね。

続きを読む 「アウトドア×ジビエ」レシピあり。

ジビエ花見BBQ 2018

広島市内で、毎年恒例の? ジビエ花見BBQを開催しました。場所は原爆ドームから上流に1.2kmほどさかのぼった元安川川沿いの桜並木。デルタ地形の上に立つ広島の恩恵をうけながら鹿・猪を堪能した様子をレポートします。
続きを読む ジビエ花見BBQ 2018

鹿の骨付ロース 「野営の人Vol.9」

寒さもほころび、春の兆しが強まって来た3月上旬、瀬戸内海沿いの鐵工所跡地(みたいなところ)で半野営を行い、鹿の骨付ロースを堪能してきました。

続きを読む 鹿の骨付ロース 「野営の人Vol.9」

鹿シンタマのポテンシャルについて(レシピあり)

巷でヘルシー食材として人気急上昇中のジビエ肉ですが、「シンタマ」という部位をご存じの方は、まだまだ少数派なのではないでしょうか。

続きを読む 鹿シンタマのポテンシャルについて(レシピあり)

アライグマの駆除と生態系について

愛くるしい表情と仕草で可愛らしい存在として知られるアライグマ。が、近年は野生化した個体が繁殖し、農作物被害が増えるなどの問題が顕著になっています。

本来愛すべき存在として持ち込まれたこの動物の、過去と今について書きたいと思います。

冒頭写真:© Hans Hillewaert / , ウィキメディア・コモンズ経由で

続きを読む アライグマの駆除と生態系について

ニホンオオカミ絶滅と獣害増加は無関係?

日本では90年代半ばから獣害が目立ち始め、今では人の手に負えないほど鹿・猪の個体数が増加。国を挙げて解決すべき課題となっています。鹿・猪が激増した原因としてニホンオオカミの絶滅が指摘されており、私も頂点捕食者不在の現状に強い危機感を持っています。

一方で、ニホンオオカミが絶滅してから害獣激増の現代までの時差は100年近く。オオカミと獣害は無関係との声も少なくありません。この点については、色々な意見や事柄を踏まえながらまとめてみたいと思います。

続きを読む ニホンオオカミ絶滅と獣害増加は無関係?

赤ワインとジビエ料理

突然ですが、私はワインが大好きです。特に赤。

なので、ついついジビエ料理もワインに合うようなレシピを作ってしまっているのですが、この組み合わせ本当にヘルシーなので、とてもオススメです。

ジビエ料理を語る前にまず、赤ワインの魅力を少しだけ。

続きを読む 赤ワインとジビエ料理

ニホンアナグマの駆除は乱獲か

以前「アナグマの駆除数急増が懸念されている」というような記事を書きました。このままでは個体数が激減し、近いうちに絶滅危惧種になる可能性が高そうだ、と専門家が指摘しています。

ニホンアナグマの駆除について

特に鹿児島県では過去10年強で駆除数が43倍にも増えており、個体群にとって強烈な駆除圧になっている模様。科学界の権威であるネイチャー紙でもこの件について、先出の専門家の論文が紹介され、静かに、しかし着実にザワザワし始めているようです。

とは言え、まだまだ分からない事が多いとの事。なのでいろんな地域の現場の方からアナグマについての情報を集めてみました。

(冒頭写真:By Alpsdake, CC 表示-継承 4.0, Link )

続きを読む ニホンアナグマの駆除は乱獲か

猪バラ肉スライスを使って中華風白菜鍋ピェンローをしました♪

寒い時期になるとストーブが大活躍しているForema事務所ですが、ストーブがあると上に何か乗せたくなりますよね。日頃はやかんがしゅんしゅん存在感を放っておりますが、先日は長崎から届いた猪肉スライスを使って、関係者を交えてストーブを囲みグツグツとワイワイと鍋をしました。

続きを読む 猪バラ肉スライスを使って中華風白菜鍋ピェンローをしました♪

猪の骨つき肉でバーベキュー 「野営の人Vol.7」

年の瀬も差し迫る冬至の前日、野営を行いました。今回の主役は猪の骨付きバラとロース。12月にもかかわらず山間部では既に1mを越す積雪の中、降雪のほとんどない海寄りの低地山林にて密やかに催された次第です。

続きを読む 猪の骨つき肉でバーベキュー 「野営の人Vol.7」

バーベキュー肉について語る

機が熟したのでバベキュー肉、BBQ肉について語ります。結論から申し上げますと、牛はエコじゃない。いくら美味しくても、全体の3割程度で我慢しておくべきだと考えます。

じゃあどうするのか?

鹿と猪しかありません。しかも国産!
続きを読む バーベキュー肉について語る

ニホンアナグマの駆除について

以前猟師さんに聞いた話ですが、アナグマはとても美味しいのだそうです。それを証明するかのように、昨今一部のシェフの間でアナグマが話題になっています。曰く「とても美味」なのだと・・。

※冒頭写真:作者 Alpsdake (投稿者自身による作品) [CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズ経由で

続きを読む ニホンアナグマの駆除について

猪ヒレ肉について

猪肉の中で最もヘルシーで柔らかいのは、何といってもヒレ肉でしょう。

筋がほとんどなく歯切れも良いので、ロースやバラではちょっと食べづらい…。といった中高年の方には特にオススメしたいのです。

というのも、”猪肉のアンチエイジング効果が凄い”から。

続きを読む 猪ヒレ肉について

タレ漬けの鹿肉。果実と鹿肉の相性。

Forema事務所のご近所さんでもある、広島のジビエ肉を使ったファンタスティックなエンターテイメント集団.comm(ドットコミュ)さんの所で美味しそうな一品を見つけたので購入し、先日試食しました♪

続きを読む タレ漬けの鹿肉。果実と鹿肉の相性。

鹿肉でプランクBBQ 「野営の人Vol.6」

島根県の猟師さんに会いに行く途中、中国山地の真ん中で日がくれてしまったため、野営を行いました。場所は広島県と島根県境にある八幡湿原近く。臥竜山掛頭山に挟まれた自然界ど真ん中でした。

続きを読む 鹿肉でプランクBBQ 「野営の人Vol.6」

いわゆる鹿のトロフィー 鹿角の活用事例

猟師さんのところに行くと大抵置いてある鹿の頭部の骨。一般的には鹿のトロフィーと言うのだそうです。これがForemaの商品ラインナップに加わりました。

続きを読む いわゆる鹿のトロフィー 鹿角の活用事例

毛利ゆかりの地・安芸高田市の猟師さんのお話し―古門さん②

広島は安芸高田市より、先日もご紹介した凄腕猟師の古門さん達が鹿角頭部付を持ってForema事務所に寄ってくださいました!

毛利ゆかりの地・安芸高田市の猟師さんのお話し。

続きを読む 毛利ゆかりの地・安芸高田市の猟師さんのお話し―古門さん②