オススメの記事
Pick up topics

犬とアレルギー

人も人間も、増え続けるアレルギー。原因はアレルゲンと呼ばれるタンパク質であるとされており、対策として低アレルゲンの食事に切り替える方法が一般化しています。が、逃げ続けることがアレルギーの根本の対策なのでしょうか?そもそもなぜ増えているのか?(特に子供たちや幼犬)近年の先端研究で、アレルギーを始めとする自己免疫疾患の違う側面があらわになってきましたので概要を記載します。

愛犬 愛猫用 鹿肉1kg

愛犬に与える 鹿肉のメリットと効果

近年ではしばしば耳にするようになった「犬に鹿肉」というキーワード。鹿肉で元気になったという話もあれば、東洋医学の観点で夏場はお勧めしないという説もあり、一般論が定まらない部分があるのも確か。ここでは鹿肉のメリットと効果について、アンケート結果も踏まえて説明したいと思います。

最新の記事
Latest topics

一覧を見る

犬ごはんレシピ

鹿肉のダシ茶漬け

暑い日にサラッと食べたくなるお茶漬けを、夏野菜も使ってワンコ用に作りました♪

材料: 鹿肉 おくら ミニトマト ブロッコリースプラウト とうもろこし 白米 昆布 鰹節

maashiyamaaaaa

鹿肉と冬瓜のナムル

胡麻の風味が食欲をそそります♪鹿肉を使った簡単レシピ(꘎ꔷ◡ꔷ꘎ )多めに作って飼い主様とおそろいご飯にも♡

材料: 鹿肉 ◎冬瓜 ◎人参 ◎ブロッコリー ◎しめじ ◎レタス ◎オクラ 長芋 ごま油 すり胡麻 焼き海苔

bonheur_wan

一覧を見る

ペットの食の事
Additive-free for pet

犬とアレルギー

人も人間も、増え続けるアレルギー。原因はアレルゲンと呼ばれるタンパク質であるとされており、対策として低アレルゲンの食事に切り替える方法が一般化しています。が、逃げ続けることがアレルギーの根本の対策なのでしょうか?そもそもなぜ増えているのか?(特に子供たちや幼犬)近年の先端研究で、アレルギーを始めとする自己免疫疾患の違う側面があらわになってきましたので概要を記載します。

ジビエペットフード Forema Nature猪

猪のジビエドッグフード Forema Nature 猪 成分紹介

野生の猪のお肉で作られたドッグフード 「Forema Nature 猪」のご紹介。保存料や着色料、香料など、いわゆる添加物は一切使用していない、体にやさしいドッグフードです。(キャットフードとしてもご利用いただけます)

愛犬 愛猫用 鹿肉1kg

愛犬に与える 鹿肉のメリットと効果

近年ではしばしば耳にするようになった「犬に鹿肉」というキーワード。鹿肉で元気になったという話もあれば、東洋医学の観点で夏場はお勧めしないという説もあり、一般論が定まらない部分があるのも確か。ここでは鹿肉のメリットと効果について、アンケート結果も踏まえて説明したいと思います。

一覧を見る

About

Foremaトピックスは、日本の山林のこと、国産ジビエや鹿・猪のお話、ペット用のジビエやレシピについて、さらには関連してオオカミや野生の事など広く掲載しているメディアです。

もっと見る

Contact

商品や掲載内容に関するお問い合わせ、業務提携などのお問い合わせにつきましてはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

野生動物の話
Wildfile

鹿の角先ストラップ

象牙とサイの角と鹿の角

鹿の角をリサイクルしたアクセサリー/ストラップ の話に絡めて、象牙やサイの角について軽く記述しています。

オオカミ関連書籍

ニホンオオカミに関する書籍紹介

この頃、どういうわけか検索キーワードとして上昇を見せているニホンオオカミ。まだ生き残っているという説も根強く、ちょっとしたロマンをくすぐる存在です。同時に、生態系にとって最も重要なキーストーン種。ここでは、そんなニホンオオカミに関連する書籍をご紹介します。

ウナギの激減とネオニコチノイド

ウナギの激減は乱獲だと思っていました。もちろんそれも大変大きな要因なのですが、その前段階として、ネオニコチノイド(殺虫剤)がウナギの稚魚激減に大きく関与していたという研究結果が2019年の11月にサイエンス誌に掲載されました。

一覧を見る

狼-オオカミについて
About wolves

オオカミ関連書籍

ニホンオオカミに関する書籍紹介

この頃、どういうわけか検索キーワードとして上昇を見せているニホンオオカミ。まだ生き残っているという説も根強く、ちょっとしたロマンをくすぐる存在です。同時に、生態系にとって最も重要なキーストーン種。ここでは、そんなニホンオオカミに関連する書籍をご紹介します。

野生のオオカミ(狼)

タイリクオオカミは外来種か? 狼再導入について

日本人が100年前に絶滅させてしまったニホンオオカミ。鹿や猪が激増する中、タイリクオオカミによるオオカミ再導入の議論が進んでいます。そこで争点となっている「外来種(タイリクオオカミ)を持ち込んで大丈夫なのか?」という問題についていくらか深掘りしてみます。

島根県の浜田誌奥部にて。

ニホンオオカミ絶滅と獣害増加は無関係?

日本では90年代半ばから獣害が目立ち始め、今では人の手に負えないほど鹿・猪の個体数が増加。国を挙げて解決すべき課題となっています。鹿・猪が激増した原因としてニホンオオカミの絶滅が指摘されており、私も頂点捕食者不在の現状に強い危機感を持っています。

一覧を見る