ニジマスのピカタ✴︎ラディッシュソース添え✴︎

玉子でコーティングしたピカタはお魚がフワフワに仕上がって美味しい香りが引き立ちます♪お魚苦手なワンちゃんにもオススメです(o^^o)

材料

ニジマス
うずら玉子
ドライバジル
米粉
オリーブオイル
〜ソース〜
ラディッシュ
トマト
キャベツ
クレソン

手順

ニジマスをよく洗い、塩をふってキッチンペーパーで水分を取る。
米粉を薄くまぶす。
うずらの玉子にドライバジルを混ぜて、ニジマスにつける。
オリーブオイルをひいたフライパンで両面焼く。
すりおろしたラディッシュと、トマト、キャベツを混ぜ合わせてソースを作る。
クレソンを盛り付けてできあがり♪

解説

我が家の愛犬はお魚が苦手なのですが、避けては通れないお魚ご飯…(^_^;)
こんな感じでアレンジして、お魚も好きになってもらえたらと思いながら作っています♪
やっぱりひと手間かけると食いつきが違います♪
お魚苦手な愛犬も大喜びなピカタでした♪

小骨が気になる場合には、
焼く前に抜いてしまうかハサミで切ってあげてください。
※半解凍で切った時には、小骨が簡単に外せました♪

【ニジマス】
もっとも大切な栄養素であるタンパク質がとっても豊富です!100g中に約20gも入っており、豚肉や玉子よりも多いと言われています。

ニジマスに含まれる他の栄養素は、
●ビタミンB1
糖質をエネルギーに変える働きがあります。
不足すると糖質を上手く利用できず、疲れやすくなったり疲労感を感じます。夏バテ防止にも♪

●ビタミンB2
皮膚や粘膜の健康を維持したり、細胞の新陳代謝を促進します。

●ビタミンB12
神経や血液の細胞を健康に保ち、DNAの生成を助けます。
不足すると造血不良により貧血になったり、や脳や神経の機能が低下します。

●パントテン酸
パントテン酸はビタミンB群の一種で、三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)の代謝をスムーズにし、身体を支えてくれる栄養素です。

●DHA・EPA(ドコサヘキサエン酸・エイコサペンタエン酸)
体内で作り出すことができず、食べ物から摂る必要があります。脳の働きをサポートしたり、血液をサラサラにします。
アレルギーや皮膚病の改善にも!

●ビタミンE
抗酸化作用がありアンチエイジングに役立ちます。また、血行をよくする働きがある為、冷え予防にも。

●ビタミンD
カルシウムの吸収を補助する働きがあります。
ガンや糖尿病の予防、免疫力の向上も期待されています。

●アスタキサンチン
抗炎症作用やストレス抑制、眼精疲労の予防にも。

後はカルシウムやカリウム、リン等も含まれます♪

お肉や野菜からとれる栄養素もありますが、
特にお魚のメリットは、DHAやEPAです。

血液をサラサラにするのは血栓予防だけでなく、
必要な栄養を必要な所へ届ける為に重要です。
どれだけ良い食材を、どれだけ計算して作っても、
それを消化吸収できる健康な胃腸の働きと、
それを全身に運ぶサラサラな血液が無ければ意味がありません。

とは言え、お魚ご飯が続くと痩せてしまう事もありますが、
ニジマスはマグロよりエネルギーが高いので、
使いやすい食材だと思います(∩´∀`∩)

犬ごはんレシピ 一覧を見る

ペット用 鹿肉/猪肉 商品一覧