ほくほくカボチャのおみそ汁

材料少なめレシピ♪柔らかく似たほくほくのカボチャと、猪肉の美味しいお出汁で作ったお味噌汁です(*^^*)発酵食品はハードルが高い方にも、お味噌なら手軽に取り入れられます♪

材料

猪肉
かぼちゃ
小松菜
しめじ
無添加味噌
黒ごま
鰹節
オリーブオイル
(炒め用に少量)

手順

食べやすい大きさに切った猪肉、しめじ、かぼちゃをオリーブオイルで軽く焼く。
お鍋に油が残っていれば、キッチンペーパーで軽く拭き取る。具が浸かる程度のお水を入れ、小松菜と味噌をくわえてひと煮立ち。
黒ごまと鰹節をトッピングして完成です♪

解説

もちろん最初から全て煮てもokです(*^^*)
食の細いワンちゃんや味に厳しいワンちゃんは、軽く焼いてから煮ることで風味が増したり臭みが減ってパクパク食べてくれる事もあります♪
お味噌の量は、健康なワンちゃんであれば、毎日でない限り、〇リットルに〇g!!なんて神経質になるような事はありません(^_^;)人が食べて薄いなぁと思う程度でokです。
温め直した時に煮詰まってちょっと濃いなぁと思ったら、飲料水を足して薄めてあげてください。時短で冷ませて水分も増えて一石二鳥です!笑。

ワンちゃんもネコちゃんも、昔はよく人の残りものや、お味噌汁にご飯を足した「ねこまんま」を食べていましたね(*^^*)牛乳だって平気で飲んでいましたね!笑。

ちなみに、この時代のワンちゃんネコちゃんの死因は断トツで交通事故とフィラリアだったそうです。
ところが近年は、寿命が伸びたことによる病気は人と同じくありえますが、年齢も若いワンちゃんネコちゃんが加齢以外の理由で病気になる事が増えているそうです。

原因は様々ですが、その中のひとつは食べ物です。

ワンちゃんやネコちゃんが食べられるものは、
ご主人様が与えてあげたものだけです。

もし今、カタカナで記載されたよく分からない物が沢山入っているフードを食べているワンちゃんネコちゃんは、食べ物を見直してみても良いかもしれません♪

あげているおやつの裏を見て、産地や添加物を調べてみるのも良いですね♪

そして何をあげたら良いのか迷った時には、自分の目で見て確かめられる「手作りごはん」を始めてみてはいかがでしょうか?(*^^*)

質の良い新鮮なお野菜やお魚に限らず、無添加のジビエも、昨今では良質で安心できるお肉の1つとも言えそうですね♪

ただし、最初はどれだけ質の良いものをあげても軟便になるワンちゃんも少なくありません。

理由は様々ですが、ドライフードと比較して手作りご飯は水分量が圧倒的に多くなる為、少し柔らかくなったり艶が出たりする事もあります。

他には、便を固める添加物が入ったフードを食べていた場合、腸内環境が多少乱れていても普通の便の形として出している事があります。健康な便の色に見えるように入れられる添加物もあります。体は不健康なのに便だけは健康に見えると言うことです(^_^;)このような場合は手作りご飯を初めてから体が正常に戻るまで、原因によりますが1週間から数ヶ月、軟便になったり涙が増えたりする事もあります。

人が食生活や生活習慣病を数日だけ正してみても成果の出る人、出ない人がいるように、個体差も様々です。

健康ならより一層元気に長生きできるように。
気になる事があるけど病院に行くほどではない場合にも、手作りごはんも視野に入れてみても良いかもしれません(*^^*)

犬ごはんレシピ 一覧を見る

ペット用 鹿肉/猪肉 商品一覧