エゾシカのモモ肉。

ジビエはアレルギーフリーか?

野生の鹿や猪が国産ジビエとしてもてはやされる以前から、ジビエはアレルギーフリー食材として言及されることがしばしばありました。Foremaとして広くジビエ食材を扱っていく中で色々と見えて来た今、アレルギーという視点で国産ジビエについて言及したいと思います。

食肉アレルギーでも食べられるという説

狩猟関係者の間では常識?

鹿のモモ肉
鹿のモモ肉。高タンパク低カロリーでアスリートに人気。

もう10年近く前になりますが、私が一番最初に耳にしたのは「鹿は食肉アレルギーの子供でも食べられる」というもの。これは鹿だからではなく、野生動物だからという理由。人工飼料で育っていない事からアレルギー物質に汚染されていないという話です。これだけ聞くと都市伝説のようなものなのですが、猟師さんとか山間部の人たちの経験則から出た話なのだと推察され、狩猟関係者の間では割と普通に聞かれる話です。

では実際にはどうなのか?

私自身、身の回りに食肉アレルギーや重度のアレルギーの人間がいないので確かめようがありません。が、別のところで実証者がいました。ペットです。

ペットのアレルギーフリー

鹿角のドッグガムにかみつくチワワ
鹿角のドッグガムにかみつくチワワ

私の知人でチワワを飼っている人がおり、鹿肉のペットフードを与えているという話を聞きました。理由はアレルギーなのだと。聞けばペット愛好家らの間でも鹿肉がアレルギーフリーだという認識は普及しているようで、ドッグカフェのオーナーはもちろん、大型犬を飼っている知人、小型犬を飼っている知人など、ペットにお金をかけている人は例外なく鹿肉の説を知っており、中には夫よりもペットの食費の方が高額という世知辛い事例もありました。(ペットにアレルギーが増えているという根本の事象については、ここではあえて言及しません)

この事から、鹿肉(と言うか野生動物)のアレルギーフリーは既成事実として成立していると言っていいように思えます。ただし、これまでもこれからも「アレルギーフリーです」との表記で販売する事は難しいはずなので、自然由来の食材として、やんわりとアレルギーリスクの低さが認識されていくのが妥当なのだと思われます。

→ ペット用ジビエの「ペットさん定期便」開始しました。

人間にとってもアレルギーフリーか

鹿モモ肉を加熱
鉄板で鹿モモ肉を加熱しているところ。滋養強壮には好影響。

ペットにとっては「アレルギーフリーの認識」で鹿肉を選択している人が一定数いる一方、人間にとっての認識はどういった状態なのでしょうか?

弊社がBtoCのECサイトであるForema を通じて見えて来たのは、リピートしてくださる方が一定数存在するという事。ジビエは季節商品の側面が強く、メディアがジビエジビエと連呼する秋には鍋物用などのスライスがよく売れ、今の時期だとアウトドア用途のバーベキューセットに人気が集まるなど、外的要因に大きく左右される「どこかファッション的な要素」がある点は否めません。

ジビエでプランクBBQ 鹿肉編

が、そんな中に外的要因とは一線を画した、同じような商品を不定期で購入し続けるリピーターの方が一定数いらっしゃるわけです。

牛肉や豚肉だともっと安いのに、わざわざ鹿、猪を選び続ける。そんな人たちの中には、食肉アレルギーや、中にはアトピーや化学物質過敏症の方が少なからずいらっしゃるのだろうと推察されます。

アレルギーフリーは鹿だけか?猪は?

猪ヒレ
猪ヒレ肉。高級食材。

アレルギーが社会問題となりつつあるのか、近年では鹿肉がやんわりと、しかし広くアレルギーフリーとして認識されて来ているように感じています。では猪肉はどうなのでしょうか? ペットフードにおいても猟師さんらの会話においても、アレルギーフリーの主軸は鹿肉が前提で語られることが多いように感じています。

が、実際には鹿も猪も人工飼料に汚染されていないという点で同じ。素材としては猪においても同じ領域に存在していると言えます。(猪ミンチのリピーターさんもいらっしゃいます)

にも関わらず猪肉がそこまで注目されていないのは、ペットフードにあまり適さないという別事情があるのかもしれません。(この背景については現在関係者にヒアリング中)

食肉アレルギーだけではない

例えばアトピー

アトピーについては様々な情報があり、私はそれについて語る立場にありません。が、例えば後天的にアトピーを発症した人が食生活改善の努力をしている事例は多く、そうした人の中にはオーガニックなどの無農薬を選択したり、その流れで国産ジビエを選択する人もいるようです。この辺りは伝聞主体なので具体的な数値や実情は全くわかりませんが、農薬や化学肥料、人工飼料に対しての関心は(国際的にも)確実に高まっているように肌で感じますので、「オーガニック路線→ジビエという選択」は今後も少しずつ増えていくのだろうと思っています。

化学物質過敏症について

アトピーもこの領域に入るのかもしれませんが、化学物質過敏症という症状があります。シックハウス症候群が有名ですが、一説には現代人の10人に1人が該当するとか、国内に患者は推定100万人とか、だいぶ情報が錯綜していますが、ともあれ化学物質に過敏な人が多く存在します。芳香剤で気分が悪くなるといった軽度のものから、新聞紙にはさわれない(印刷仕立てでインクが新しいから)、新築の部屋に入れないといった重度のもの、中にはそれが原因で人里離れた場所への居住を選択せざるを得ないひともいると聞きます。

Foremaで国産ジビエを扱っていると、中には化学物質を極力回避したいというリクエストに出会うこともあります。ここでいう化学物質とは梱包材に使われている発泡スチロールだったり新聞紙など。一般の人間から見ると日常的なものであっても、化学物質が極度に苦手な人にとっては大きな負荷になるという現実があります。

梱包においては、日本はそもそも過剰で、またマイクロプラスチック問題でも明白なように、発泡スチロールも用途を大きく制限する時期に来ているように感じます。Foremaにおいては梱包では発泡スチロールは不使用の方向で進めていますが、スライス肉は現場の事情でトレーを使わざるを得ない産地がまだあります。

また、印刷物のインクに問題があるのであれば、納品書はメール添付に切り替えた方が有益かもしれず、それはペーパーレスという時代の流れにも即しているように感じています。個人的には納品書は従来の商習慣(言い換えれば惰性)の産物だと思っており、少なくとも一般消費者のEC利用というシーンにおいては重要度は決して高くないと感じています。Foremaにおいては、今後は紙での納品書は廃止の方向にシフトしたいと考えています。

国産ジビエは本当にアレルギーフリーか?

安芸高田の畑
安芸高田の畑。このあたりは一大消費地である広島市の穀倉地帯。

最後に、根本について。つまり野生の鹿や猪は本当に化学物質に汚染されていないのかという点について言及します。

地域差は大きいと思いますが、駆除される鹿や猪は、大抵は農作物被害の加害者の個体群に属しており、かなりの確率で野菜を食べていると推察できます。これらの野菜が農薬ゴリゴリだった場合、鹿や猪の体内に残留農薬が蓄積されていく事は間違いないように思います。それが内蔵ではなく食肉にどれだけ残留しているのかは分かりません。人工飼料に依存した家畜よりは遥かにマシだとは思いますが、厳密な意味での化学物質(※定義は曖??)フリーとは言えないのかもしれません。

この問題を突き詰めていくと現代農業のあり方そのものへの言及にってしまうわけですが、日本の農作物がグローバルGAPに適合していない点やこれまでのJAの施策(今必死に変わろうとしているらしい)について、消費者が広く知っていくことは引き続き重要だと思っています。そして消費者側が多くの選択肢を持てる環境が重要なのは間違いなさそうです。

株式会社 Forema 代表

猪のスペアリブ

鹿肉BBQセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です