「アウトドア×ジビエ」レシピあり。

季節はすっかり春に移り変わり、やわらかな陽射しが心地よく夜になっても寒さに凍えることもなくなりました。

そうなると動きも活発になるもので、アウトドアでBBQなどしたくなりますね。

続きを読む 「アウトドア×ジビエ」レシピあり。

雪山でプランクBBQ -「野営の人Vol.8」

急速に春めいて来た2018年3月7日、西中国山地国定公園の一部、広島県の旧羅漢山山頂でプランクBBQを行って来ましたのでレポートします。

続きを読む 雪山でプランクBBQ -「野営の人Vol.8」

鹿シンタマのポテンシャルについて(レシピあり)

巷でヘルシー食材として人気急上昇中のジビエ肉ですが、「シンタマ」という部位をご存じの方は、まだまだ少数派なのではないでしょうか。

続きを読む 鹿シンタマのポテンシャルについて(レシピあり)

赤ワインとジビエ料理

突然ですが、私はワインが大好きです。特に赤。

なので、ついついジビエ料理もワインに合うようなレシピを作ってしまっているのですが、この組み合わせ本当にヘルシーなので、とてもオススメです。

ジビエ料理を語る前にまず、赤ワインの魅力を少しだけ。

続きを読む 赤ワインとジビエ料理

猪バラ肉スライスを使って中華風白菜鍋ピェンローをしました♪

寒い時期になるとストーブが大活躍しているForema事務所ですが、ストーブがあると上に何か乗せたくなりますよね。日頃はやかんがしゅんしゅん存在感を放っておりますが、先日は長崎から届いた猪肉スライスを使って、関係者を交えてストーブを囲みグツグツとワイワイと鍋をしました。

続きを読む 猪バラ肉スライスを使って中華風白菜鍋ピェンローをしました♪

猪の骨つき肉でバーベキュー 「野営の人Vol.7」

年の瀬も差し迫る冬至の前日、野営を行いました。今回の主役は猪の骨付きバラとロース。12月にもかかわらず山間部では既に1mを越す積雪の中、降雪のほとんどない海寄りの低地山林にて密やかに催された次第です。

続きを読む 猪の骨つき肉でバーベキュー 「野営の人Vol.7」

タレ漬けの鹿肉。果実と鹿肉の相性。

Forema事務所のご近所さんでもある、広島のジビエ肉を使ったファンタスティックなエンターテイメント集団.comm(ドットコミュ)さんの所で美味しそうな一品を見つけたので購入し、先日試食しました♪

続きを読む タレ漬けの鹿肉。果実と鹿肉の相性。

健康教室にイノシシ肉料理担当で行ってきました。

ぐっと涼しくなった今日この頃ですが、夏真っ盛りに寿命を迎えた我が家のエアコンは未だ取り換える暇もなく、慌ただしく夏が過ぎ去ろうとしております。(もう冷房は要らない・・・)

しかし今年の夏は、本当~に暑かったですね。ジビエ肉のお蔭でなんとかエアコンなしでも乗り切れたのではないかと・・・。 いや、本当にジビエ肉はスタミナ付きます!これは、老若男女問わず、世間に広く広まって欲しい実体験です。

少し前の話になりますが、お盆明けのある夏の日に新広島ヤクルト販売㈱さんがボランティアで行っている『出前健康教室』安芸太田町編に参加させてもらいました。

続きを読む 健康教室にイノシシ肉料理担当で行ってきました。

鹿肉炎上!内モモ肉のブロックを豪快に鉄板焼きしました。

安芸高田市のそれはそれはキレイな鹿の内モモ肉が入ったので、贅沢な大き目ブロックのまま、鉄板を使ってシンプルで豪快なステーキにしました。

続きを読む 鹿肉炎上!内モモ肉のブロックを豪快に鉄板焼きしました。

ジビエ肉の下処理のまとめ -猪 -

– 猪肉の下処理 –

<解凍の仕方>

猪肉は、鹿肉ほどデリケートな肉質ではないですが、解凍する際にはやはり外側と中心部の温度差があまりない状態にしておくことが望ましいです。
つまり、冷蔵庫の冷蔵室でゆっくり解凍するのがベストです。

<血抜きの仕方>

猪肉の臭みの元は血なので、血抜きの処理をしっかりしてあるとほとんど気になりません。

続きを読む ジビエ肉の下処理のまとめ -猪 -

ジビエ肉の下処理のまとめ ー鹿ー

foremaの登録産地はどこも自然豊かな土地ばかりで、猪や鹿達が食べる物が良いことと、猟師さんの腕や解体処理の技術なども優れていることから、食べたときにジビエの風味こそするものの臭みはほとんど感じられないお肉が多いのですが、時期によっては独特の臭いを感じることもあります。

経験上ジビエ肉に臭み(獣臭)があると感じるときは、解凍の仕方がまずかったり血抜きが不十分な場合がほとんどです。

より美味しくジビエ肉を召し上がって頂くために、適切な解凍方法や下処理の方法をご紹介します。

続きを読む ジビエ肉の下処理のまとめ ー鹿ー

ジビエでアウトドア 鹿スネ肉のトマト煮

毛利の鹿!BBQセットの商品撮影ロケで、鹿スネ肉のトマト煮込をやりました。簡単でとても美味しく、アウトドアで重宝するのでオススメです。

続きを読む ジビエでアウトドア 鹿スネ肉のトマト煮

ジビエでブッシュクラフト BBQ

先日発売された「毛利の鹿BBQセット」の商品撮影ロケで、以前からやりたかったブッシュクラフトの炙り焼きを実施しました。

ブッシュクラフトというのはアウトドアを更に極めた、いわばサバイバルの領域で、現場にあるものだけを使って生存する手法。厳密には火起こしも火打ち石やナイフなどで行うのですが、今回は時間の制約もあり、普通に新聞紙とライターを使用しました。

続きを読む ジビエでブッシュクラフト BBQ

鹿肉の燻製(蝦夷鹿編)

この度ウォーキングチームの行動食として、疲労回復効果の高い鹿肉を燻製にして提供することになりました。

蝦夷鹿なので、個体自体が大きいため届いたブロックもとっても大きい。今回フライパンを使って燻製するので半分ずつ燻製にすることに・・・

中国山脈横断100キロウォークで鹿モモ肉の燻製

続きを読む 鹿肉の燻製(蝦夷鹿編)

エゾ鹿と九州鹿を食べ比べしてみました。レシピあり。

北海道のいくつかの産地の蝦夷鹿や宮崎県で最も人口の少ない村のジビエ肉がforema pro(フォレマプロ)の商品ラインナップに新しく加わり、日本の北から南のジビエ肉を堪能できるほどforema proのお肉のバリエーションが増してきた今日この頃です。

この度、ふと蝦夷鹿と九州鹿を食べ比べしたことがないことに気づき、大分の九州鹿と北海道の蝦夷鹿の同じ部位(モモ肉ブロック)を同じ料理法で食べ比べしてみました。

続きを読む エゾ鹿と九州鹿を食べ比べしてみました。レシピあり。

アウトドアでジビエ肉を楽しむ。

一雨ごとに温かくなり、そろそろお花見の計画をし始めている人もいると思います。

お花見の時だけでなく、春の優しい暖かさとアウトドアの大敵でもある虫も少ないこの季節は、とても過ごしやすくアウトドアするにはとても良い頃だと思います。

さて、気持ちの良い気候の中、青空の下どんなメニューで家族や友人達と集う予定にしてますか?

続きを読む アウトドアでジビエ肉を楽しむ。

30分で出来る!家庭で出来るお手軽ジビエレシピ

乾いた風と柔らかく暖かな陽射しに誘われ、川沿いをぶらぶらと散歩していると、桜の木々には、まだ硬くはありますがしっかりと新しい芽が出てきていたり、冬の間殺風景だった草むらには、小さな名前も知らない草花がそこら中に咲いています。

春がいよいよ来たんですね~。わくわくします♪

生き物全てが活発になるこの季節。里山の猪や鹿達も、柔らかな新芽を食せる喜びを味わっている頃でしょうか。(それが畑にまで及んで獣害として駆除される現実があるわけなのですが・・・)

続きを読む 30分で出来る!家庭で出来るお手軽ジビエレシピ

猪スネ肉がアツい! -②-

以前、このブログでもご紹介した猪スネ肉。

もちろんロースやヒレ、モモ肉なども美味しいのですが、スネ肉をオススメしている理由は、やはりコスパの良さと、料理によっては常日頃がらオシャレなジビエ料理を食せるアイテムの一つとなりうるところ。

それから、牛肉や豚肉などに比べて流通の少ないジビエの食肉業界の中でも、特に陽の目をみていないのがスネ肉だということ。実際、産地でも食肉としての利用を通り越して、処分されている現状が多くあります。

続きを読む 猪スネ肉がアツい! -②-