骨髄ジャーキー粉末を舐める小次郎さん

ドライフードから牛肉メイン食に変えるとどうなる? ペット犬の食と腸内細菌

「ドライフードはジャンクフード」、そんな考えからドライフードを忌避する人が増えています。そんな中、ペット犬の「ドライフードと肉食」について、面白い海外文献がありましたのでご紹介します。

牛の赤身肉でペット犬のマイクロバイオームに変化

腸内の微生物多様性に影響が出た

この論文では、11匹のペット犬を対象に、「ドライフード」から「牛赤身肉が主体の食事」に切り替え、マイクロバイオーム(腸内細菌叢)の変化を検証したもの。結果、マイクロバイオームの多様性に影響が出たと報告しています。食べ物を変えたので当然と言えば当然なのですが。

この研究の目的は、市販のドライフードから牛挽肉を多く含む食事への変更、およびその逆の変更が、健康なペット犬の腸内細菌叢および短鎖脂肪酸プロファイルにどのように影響するかを評価することでした。

https://link.springer.com/article/10.1186/s12917-017-1073-9

ここで使用されたドライフードはFelleskjøpet’s Labb というもので、ノルウェーのフードのようです。

検証の結果、腸のマクロバイオームの多様性に影響が出たと報告しているわけですが、良くなったのでしょうか? それとも悪くなったのでしょうか?

ファーミキューテス門の増加と3-メチルブタン酸

一般的に、マイクロバイオームの多様性が増すことは、体にとって良いこととされています。が、ここでは多様性に影響が出たとしか記載がありません。

食事の変更は、糞便微生物叢の組成と多様性に影響を及ぼしました(シャノン多様性指数)。ドライフードと牛挽肉を与えられた犬のサンプルで最も豊富なOTUは、それぞれFaecalibacteriumprausnitziiClostridiahiranonisに属していました。

具体的な影響としては、

  • フィーカリバクテリウム属のプラウスニッツィ (※1)が顕著に増えた
  • クロストリジウム属のヒラノニス (※2)が顕著に増えた

たとのこと。ともにファミキューテス門という大枠に属しています。
※1.Faecalibacterium prausnitzii
※2.Clostridium hiranonis

前者は我々にとって有利な成分である酪酸を作り出す事で知られており(=酪酸産生菌)、クローン病やⅡ型糖尿病といった自己免疫疾患の症状改善に寄与している可能性がある細菌。

一方の後者は、ヒトの糞便にも生息している細菌で、同じく海外の文献によると「高レベルの胆汁酸7α脱ヒドロキシル化活性を持っている」のだそうです。翻訳しても日本語の意味がわかりませんw

また、マイクロバイオームのみならず、短鎖脂肪酸プロファイルにも影響が出たと報告しています。

牛挽肉の多い食事は、明らかに短鎖脂肪酸プロファイルにも影響を及ぼし、イソ吉草酸が増加し、糞便pHが上昇しました。これらの効果は、市販のドライフードが6週目と7週目に再導入されたときに逆転しました。

短鎖脂肪酸というのは、酢酸や酪酸、プロピオン酸など、宿主の健康維持にとって有益なもので、これらは腸内のpHを酸性に傾けます(=pHが下がるということ)。結果として有害な類の腸内細菌の増殖抑制に働きます。

で、それらに影響が出たのだと。

具体的にはイソ吉草酸(いそきっそうさん / 別名 3-メチルブタン酸)が増え、糞便pHが上昇、つまりアルカリ性に傾いたのだそうです。原文にははっきりした明記がないのですが、状況的に短鎖脂肪酸が減少したという事だと思われます。

で、で、つまり、これは犬にとって良いこと? それとも悪いこと?

腸内細菌と言えばビフィズス菌や乳酸菌を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?この2つのグループはいわゆる善玉菌の代表的な存在で、耳にする機会も多い

腸内pHの上昇とメチルブタン酸の増加

イソ吉草酸(3-メチルブタン酸)は、「足の匂い」なのだそうです。それでも分かるように、これの増加および糞便pH の上昇は、人間であれば良い傾向とは言えません。

肉ばっかり食べて糞便が臭い、と書くとわかりやすいかと思います。

イソ吉草酸の増加は腸に対しても有害とされています。長期的には炎症や腫瘍にも直結する部分。肉ばかり食べる欧米食が成人病の主な原因という背景と同じですね。そして犬の場合においても、これは同じ理屈と考えて良さそうです。

人間との共生によって犬の食性は雑食に傾き、食物繊維の分解能力も獲得しています。(おそらくは犬種や個体差によるバラつきは大きい)

先述の酪酸・酢酸・プロピオン酸というのは有益な細菌類が食物繊維を分解することで産生されるもので、これらを生み出す細菌グループがいわゆる「善玉菌」と呼ばれることが多いです。

通常は食物繊維が分解されることで腸内pHは酸性に傾き、有害な腸内細菌にとって不利な環境となります。今回はその逆になったと解釈してよいのではないでしょうか。

鹿肉ブロック100g 5パック
Forema では、ペット用(愛犬、愛猫、時々フェレット)に有益な無添加食材として国産の鹿肉・猪肉(いわゆるジビエ )をお届けしています。 前提

肉食はペット犬にとって有害か?

猪肉切り落とし ペット用
猪肉切り落とし ペット用

お肉の多すぎが良くなかったとも言える

ここまでの話だと、肉食は犬にとってはそこまで良くないように見えます。果たしてそうなのでしょうか?

この実験は、ドライフード(おそらくは総合栄養食)を牛赤身ミンチがメインの食事に変えた検証。お肉がダメというよりも「お肉たくさんの食事」にしたのが良くないとも見る事ができます。(お肉は加熱で給餌)

これを、自然界と同じようにお肉は生で、内臓も加えて、比率も肉と骨と内臓のバランスを..。となるとまた結果は大きく違ったのかもしれません。

自然食の代替として、近年では手作り食の飼い主さんが増えているわけで、良質なお肉と野菜、穀物という組み合わせであれば、おそらくはドライフード単体よりも数値は改善した可能性もあります。(ドライフードの素性にもよる??)

現に有益な細菌と目されるフィーカリバクテリウム プラウスニッツィが増加しているという面もあり、バランスを上手く整えればプラスの部分も大きいと思われます。

>> 犬の手作りごはん一覧

ドライフードの問題は成分以外にもあり

近年ドライフードがやり玉に挙げられがちなのは、人間でいうジャンクフード的なものも多く出回っているがゆえ。商品によってはひどい原材料だったり、香料や着色料、保存料など化学物質の宝庫だったりという点が指摘できます。

今回の論文の主眼はあくまで変化の有無の検証ですが、ドライフードの良い点、不足点、お肉の良い点、不足点がなんとなく感じられるようにも思えます。

これが牛肉ではなく、鹿肉だったらどうなのか? ドライフードが別のメーカーだったらどうなのか? など、色々興味が湧くところです。

尚、Forema でも某大手さんのドライフード + 鹿肉 という組み合わせで似たような検証をしたことがあります。下記にさわりだけ軽く触れていますのでご興味があればご一読下さい。

大型犬 ニューファンドランド
ペット犬の長寿化に伴い、癌をはじめとする重篤な疾患が増えてきました。昨年実施した大学との共同研究の中で、副産物的に犬の癌と関連しそうな"気づき"があっ

備考:胆汁酸7αに関連する論文
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsb1944/38/6/38_6_805/_pdf/-char/ja

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です