分からないことだらけ..犬と乳酸菌

腸内細菌と言えばビフィズス菌や乳酸菌を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?この2つのグループはいわゆる善玉菌の代表的な存在で、耳にする機会も多いもの。人間にとって有益なこれらの細菌たちは、では犬にとってはどのような存在なのでしょうか?

今回は犬と乳酸菌について記述してみたいと思います。

そもそも乳酸菌とはなにか

乳酸菌というと、ヤクルトやヨーグルトが頭に浮かびます。が、実際にはたくさんの種類の乳酸菌が存在します。

乳酸菌は特定の細菌の名前ではなく、「乳酸を産生する細菌」の総称です。「乳酸を産生する」というのは、「餌を食べて代わりに乳酸を吐き出す(代謝する)」といった意味です。

乳酸を産生する乳酸菌以外にも、酪酸を産生する「酪酸菌」や酢酸を産生する「酢酸菌」、ほかにも「エクオール産生菌」や「プロピオン酸菌」など、多様なグループがいます。すごく乱暴に例えると、「肉食動物」とか「草食動物」みたいな機能による分類と見てもいいかもしれません。

これに対し、ビフィズス菌というのはビフィドバクテリウムという属性に所属する細菌の総称。「イヌ科」「ネコ科」みたいな種類による区分けと言えます。

で、乳酸ってなんなの?

乳酸というのは、主には乳糖を分解して作られるもの。Wkipediaの冒頭を引用すると

乳酸(にゅうさん、lactic acid)は、有機化合物で、カルボン酸の1種である。キラル中心を1つ持つため鏡像異性体が存在するので、R体かS体かの区別が必要な場合がある。乳酸の塩やエステルは ラクタート あるいは ラクテート(lactate)と呼ぶ。解糖系の生成物として現れる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E9%85%B8%E8%8F%8C

かつては筋肉疲労の原因とも言われていましたが、現在の研究ではむしろ疲労回復を防ぐ作用があるのではないか? との報告もあるのだとか。

で、筋肉ではなく腸内の話においては、乳酸自体が他の細菌たちの餌になって有益なタンパク質として代謝されたり、腸管に働きかけて免疫細胞(マクロファージ)の活性化に貢献するなどの効用が知られています。

日本医療研究開発機構が2019年に乳酸と腸管免疫細胞についての研究報告を出していましたので引用します。読みやすくするため、教授の所属についての部分は割愛しています。

大阪大学の梅本英司准教授、森田直樹大学院生、竹田潔教授らのグループは、乳酸菌等の腸内細菌が産生する乳酸・ピルビン酸が小腸のマクロファージの細胞表面に発現する受容体GPR31に結合し、マクロファージの樹状突起3伸長を誘導することを発見しました。

https://www.amed.go.jp/news/release_20190124-01.html

乳酸菌というと日本ではヤクルトのシロタ株が有名ですが、ヨーグルトやキムチ、ザワークラフト、味噌や漬物にも乳酸菌が含まれているのはご存知の通り。生息場所を見れば分かるように、一言に乳酸菌といっても皆違う種類の乳酸菌です。

またまた乱暴に例えますが、シャチも、オオカミも、ハクトウワシも、ウナギも、ヨコバイガラガラヘビも、全て同じ肉食動物でくくれますが、その素性は全くバラバラなのです。

犬にとって乳酸菌は有益か?

鹿のグリーントライプ 中身 100g
鹿のグリーントライプ 中身 100g

人にとっては有益とされる乳酸菌ですが、犬にとってはどうなのでしょうか? 正論をいうと、たくさん種類があるから、効用もそれぞれ、となります。が、実際には研究が進んでおらず、まだ分かっていないというのが本当のところです。

で、研究でいくつか分かっている事例を紹介すると

  • 抜け毛が治った
  • 口臭が減った
  • 涙焼けが減った
  • アレルギー症状が緩和

といった事があります。ただしこれらは、特定の乳酸菌で特定の実験をしたところ、そのような効果が認められたというピンポイントのもので、調べていない部分は分からないというもの。しかも上記の例は、生きた乳酸菌ではなく、死んだ乳酸菌で得られた結果。

乳酸菌そのものの働きというよりも、その成分が他の細菌たちや免疫細胞に(直接にしろ間接にしろ)影響を与えた結果だと言えます。

もちろん、同じ乳酸菌であれば種類が変わっても「腸内での機能/効用は概ね同じ」という可能性もあるでしょう。

愛犬/愛猫のマイクロバイオームケア Forema Nature 腸内細菌について

ちなみに、プロバイオティクスとして一部のペット愛好家からの需要が高い鹿のグリーントライプなどは、まさに「生きた乳酸菌」として求められているわけですが、この時鹿の胃袋の中の乳酸菌の種類まで指定する声はまだ聞いた事がありません。

反芻動物の胃袋の中には実際には複数種の乳酸菌がいるはずなのですが、同じところにいる同じグループの細菌は「概ね同じ機能」とみていいのかもしれません。その機能の1つとして、分解したセルロースからビタミンB12を作り出すとか、有益なタンパク質を産生するなどがあるのでしょう。

誰もが気になる..!? 鹿グリーントライプのリスクとメリット

腸内の乳酸菌を増やすには?

特定の腸内細菌を増やしたい場合、2種類の方法があります。

  1. 細菌そのもの(プロバイオティクス)を摂取すること
  2. 腸内細菌の餌となるもの(プレバイオティクス)を摂取する事

プロバイオティクスは生きた細菌なので、小腸〜大腸に到達するまでに胃液や胆汁の洗礼を受け、大半が死んでしまいます。ここで生き残りやすい特性を持つ乳酸菌の1種がヤクルトのシロタ株というわけです。

プレバイオティクスは食物繊維やオリゴ糖などで、難消化性なのでそのまま小腸〜大腸まで到達し、そこで元から生息していた乳酸菌やビフィズス菌の餌になります。

これら2つの方法以外には、究極の手法として糞便移植という方法があります。あくまでアメリカの先端医療でしか実施されていないのですが、優良な腸内組成のドナーの糞便を濾過し、その液体をチューブなどで大腸に直接流し込むと、例えば炎症性腸疾患や、クロストリジウム・ディフィシル感染症などの重篤な腸の病気が90%以上の割合で大幅に治癒するという事がわかっています。

余談ながら、私個人の経験としては、プロバイオティクスでは全然乳酸菌が増えなかった一方、プレバイオティクスで腸内のビフィズス菌/乳酸菌双方が大幅に増加したので、あくまで個人の経験則としてプレバイオティクスを推しています。

つまり何なの? プロバイオティクスとプレバイオティクスについて

細菌の数よりバランスが大事?

乳酸菌が良いから乳酸菌ばかりを摂取すると、それは腸内細菌の多様性の縮小につながります。マイクロバイオーム(腸内フローラと同じような意味)という言葉があるように腸内細菌の環境は生態系そのものです。

特定の細菌が増えると、どれかの細菌が(相対的に)減る事になります。

特定の種類だけが増えすぎたり、本来いるべき量よりも大幅に増えると、逆に全体が悪くなってしまうことは容易に想像できます。

ただ、この辺りは犬だけでなく、人間においてもまだまだ研究途中の段階にあるため、「その個体に合った最適解」を見つけてあげるのが一番良いように思います。

Forema Nature 腸内細菌
マイクロバイオーム に配慮したペット用のウェットフード
  • 内容量:100g
  • ニホンジカ(ホンシュウジカ/キュウシュウジカ/エゾジカ)
  • 部位:混合
  • その他:無添加

Forema Nature 腸内細菌(鹿)

やせ菌、アッカーマンシアを増やせ! マイクロバイオームの探究

この記事を読んだ人にオススメしたい商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です