鹿の骨

愛犬に鹿骨を与えてもいいの?

骨を与えるのは間違い?

鹿の背骨
鹿の背骨

古来より人と犬は共存してきました。狩りに行き、協力して獲物を仕留めてきました。その名残か、元来の野生としての本能なのか、犬は骨を噛んだりしゃぶったりするのが大好きです。理由ははっきりしていませんが、遺伝的・本能的に骨を好む傾向にあるようです。

また骨についた少量の肉のにおいを嗅ぎ取っているという説もあります。
では犬に骨を与えてもいいのでしょうか?

これについては賛否両論のようですが、私たちは犬に骨を与えても良いと考えています。もともと肉食のオオカミを祖先に持つ犬は野山を駆け巡り、捕獲した獲物の生肉はもちろん内臓や骨も食べていました。

犬は人間と違って消化管が短く(=より肉食に適している)、そして強力な胃酸を持ってるので、硬い骨でも消化酵素によって数時間で消化することができます。

また骨にはカルシウムやリンなどの栄養成分が豊富。肉と一緒に与えることでよりバランスよく栄養素を摂取することができます。

ただ丸飲みをする恐れがありますので、与える際には側について注意深く見守る必要があります。

骨を与えることについて、良い点、悪い点をまとめてみました。

骨を与える事によるメリット

  • 噛むことでストレス発散になる
  • カルシウム・リン・たんぱく質などの栄養素を摂取できる
  • 歯石・歯垢の予防になる
  • 噛む力を養うことで、歯や顎の力が鍛えられる
  • 骨を齧ることが好きなので喜ぶ

骨を与えることによるデメリット

口の中が傷つく恐れがある

骨を与える際の注意点

与える骨の大きさに注意が必要です。小さすぎると丸飲みしてしまうので、心配なサイズになったら取り上げてください。

硬すぎる骨は歯が欠けてしまう恐れがあります。与えすぎると便秘になりやすくなるので1日〜数日に1本程度にしましょう。

捨てるところなく活用したい

猪の大腿骨
猪の大腿骨

Foremaから出荷している鹿や猪の骨は、人間の都合で駆除された命を余す所なくいただくことで、殺されてしまった命に対する敬意を示し、無駄にはしないという想いで商品化しています。

国内の野生の鹿や猪を、保健所から営業許可を得た野生鳥獣解体所で適切に処理して出荷しています。部位によってはお肉も残っているのでわんちゃんの食いつきも良いとご好評をいただいております。

生で与えるのはもちろん、鍋でコトコト煮込みスープにして与えるのもいいですね!
スープの作り方はペットさんレシピをご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です