恐羅漢バックカントリー

恐羅漢ブルー!バックカントリー

今季3度目の最強寒波が開け、快晴予報となった2018.2.14、恐羅漢の山頂トレッキングを行いました。この冬実に4度目で、ようやく会心の快晴かつ完璧な樹氷群に出会えたのでレポートします。

広島の最高峰 恐羅漢

放射冷却でマイナス10度

恐羅漢山頂付近の樹氷
恐羅漢山頂付近の樹氷と紺碧の空。標高の高いところでだけみられる極上の青。これが恐羅漢ブルー

ハーフパイプでクロエ・キムが超人的なパフォーマンスを披露した興奮も冷めやらぬ中、この日は5時過ぎに起床し6時に広島市内を出発。1時間後には−10℃の極寒エリアに突入です。

例年だとせいぜい−3〜4℃のものですが、今年は連日−7〜8℃がデフォルト。寒波明けかつ快晴の本日は放射冷却でギンギンに冷え込んでいました。そして見事な青空。

お昼頃から急激に気温が上がる予報だったため、朝の早いうちが勝負でしたが、恐羅漢に到着する前に別の山でゴソゴソやっていたため、到着したのは9時頃と遅めのスタートとなりました。

深入山ブルー 広島でバックカントリーの聖地

膝くらいのパウダー

山頂登り口
山頂への登り口。1280m付近。写っているのはここで偶然出会ったスキーヤーの方。黒いシミのようなものはレンズに張りついた氷。

本年恐羅漢に来山したのは2度目および3度目の寒波後で、ともに荒天。パウダーは場所によっては胸元にまで達し、スノーシューを履いても非常に厳しい環境でした。が、今回は膝程度のパウダー。歩きやすく快適な山頂ウォーキングとなりました。

一緒に写っているスキーヤーは登り口で偶然会った年配の方。スノーシューがなく厳しいとの事だったので、先導して雪の踏み固めを引き受けました。これもご縁。

恐羅漢山頂へ

山頂へのルート
山頂に向かうルート。12月頃と比べても地形や景色は一変。忘れられない美景。

恐羅漢は広島・島根の両県でもっとも高い山(1346m)。山の東面は県内最古のスキー場(現:恐羅漢スノーパーク)として開発されており、山頂付近までリフトで登れます。今回はスノーボードの延長としての山頂訪問ですが、スノーシューだけの雪上ウォーキングの人でもリフトに乗れるというのが恐羅漢スノーパークの良心的な点。穏やかな天候の時は冬山ハイクをしている愛好家もいるようです。

そういうわけでリフトで1280m付近までショートカット。ここから歩いて山頂まで登ります。

樹氷のドローン撮影

西日本では珍しい樹氷群

恐羅漢山頂を空撮
恐羅漢山頂付近の空撮写真。この時は薄曇り。そして数分後に天候は好転し、抜けるような青空となる。

リフトで1200mを超えたあたりから景色は一変します。樹氷群が現れるからです。このあたりの樹氷ラインはだいたい1160mくらいのようで、隣にある丸子頭(1206m)という山は山頂のみがかろうじて樹氷を纏っています。恐羅漢スノーパークにおいては上級者コースのみで見られる景色で、これは特権。写真愛好家でなくとも撮影意欲の湧く絶景に出会えます。

恐羅漢と丸子頭

山頂でドローンを活用

恐羅漢山頂
雪に埋もれた恐羅漢山頂の標識。このあとスキーヤーのおっちゃんが登場してこれを掘る。

今回は、今後の快適なウォーキング/バックカントリーのため、空から地形を撮影すべく、また見事な樹氷群を撮影すべく、ここでもドローンに活躍してもらいました。

上空は風が収まっていましたが、青空と分厚い雲が交互に現れる山頂ならではのめまぐるしさ。スキー場内での飛行はまずいので登山道に出てセッティング。山頂は気流が危ういので墜落覚悟で離陸・・。

といってもドローンを使えば山頂まで10数秒。文明の利器とはこの事。

この時点で山頂には誰も登っておらず、2mの標識はすっぽりと雪の下に。ドローンを飛ばしている間に後から来たおっちゃんが登っていったのが当日もっとも悔やまれる点でした。

上空から見る樹氷群

恐羅漢山頂の樹氷を空撮
恐羅漢山頂の樹氷群。これは西側の斜面。いわゆる裏恐羅漢方面。左下に見えるのが山頂の標識。

雪上ウォーキングやバックカントリーをしていると木々や地表ばかりに目がいって、全体を把握するのはなかなか難しいです。ドローンで俯瞰すると同じ場所でも全く違う絵が現れるのでとても新鮮なもの。逆に、ドローンだけでは見えない地表での美しさ、青空を背景に下から見上げる樹氷群の息を飲む鮮烈さは筆舌に尽くしがたいものがあります。地表と空、双方から自然景観を映し出せる現代文明の贅沢さ、そして自然の豊かさにただただ感謝しかありません。

山頂から山林へ

山頂樹氷群

恐羅漢バックカントリー
青空と樹氷の中、この斜面を下っていく。パウキチにとっては無上の喜びとなる。

山頂は見事な樹氷群。とくに西側斜面は広島とは思えない白銀で、青空とのコントラストが鮮烈です。どこまでも深い青は1000m以上の山ならではの奥深さで、異世界。

一応記載しておきますが、リフト頂上からさらに上のエリアは公式には滑走禁止という事になっています。何かあったらレスキュー費用請求されます。当然です。山スキー愛好家らは自己責任で滑走していますが、見るとみんな熟練の方々。どうしても興味のある人は、最初はベテランと一緒に少しずつ経験を積んでいく事をおすすめします。

トレッキングコースへ・・そして道を間違える

恐羅漢ツリーラン
見事な樹氷群。広島でこれに出会えるのはここだけ。

山頂を満喫したのちは登山道を北北東に抜けてトレッキングコースに向かいます。先にいたスキーヤーのおっちゃん(?)が滑ったあともあり、それに沿いながら風景鑑賞、撮影、ため息、の繰り返し。真っ白な木々の間を抜けていく爽快さと神秘性はほとんどファンタジー系アトラクションの世界で、途中で降り口を間違えたものの、しばらくは黙殺していたものでした。

恐羅漢ツリーラン
恐羅漢山頂からのツリーラン。初級者は絶対にやってはだめ。恐羅漢スノーパークに迷惑をかけない事が大前提。

恐羅漢のトレッキングコースはいくつかあり、本来はスキー場に直結しているコースから裏コースを抜ける予定でしたが、そうではなく、山の裏に降りて大回りをしていくコースに来てしまいました。

このコースは、一度降りた後に1.5時間くらいかけて再び尾根に登らねばならず、今回は避けたいところ。よって元来たコースを登っていくわけですが・・。

ボードを背負って(撮影しながら)の急勾配東半はかなりの体力を使います。これが夕方でかつ悪天候だったら、人は簡単に遭難します。そういう時、人は心が折れた時点で終焉に向かうのだろうと感じます。10年くらい前にこの付近でバックカントリーを楽しんでいたボーダーグループが遭難する事故があったのですが、その時はスノーシューを持参していなかったそうです。当然ポールもなかったのだろうと思います。この両者があるだけで雪山歩行における体力の消耗度合いは雲泥の差があるので持参は必須です。(スノーシューハイクは純粋に楽しいので是非)

今回は午前という事で日も高く快晴、かつ地理もある程度把握しており、気分としては急勾配ハイク。とは言え途中で落とし穴(雪面下に樹木があり、枝が空洞を作っている)があったり、倒木の先が尖って突き出ていたりと危険は常に隣り合わせ。スノーシューとポールをにすがり切ってどうにか元のルートに戻った次第です。

雪山で熊は出るか?

ツキノワグマに襲われるリスクについて

快晴の恐羅漢ツリーラン
見とれすぎていると道を間違える。コンパスと地形図、GPSが必須だが快晴時は太陽の向きで道を正せる。

山林の非圧雪もふもふにハマり喘いでいる時、ふと思うことがあります。

「今襲われたら絶対に対処できない・・」

何に襲われるのか?それは熊です。西中国山地の場合はツキノワグマ。90年代からの保護により、個体数が順調に回復しています。当然豪雪期には冬眠しているはずなのですが、実は例外もあったりします。というのも、熊はかならずしも熟睡しているわけではなく、場合によっては目を覚まして仮活動をすることがあるのだとか。

バックカントリースキーヤーが熊の穴に間違えてハマり、迎撃されるという事故がたまにあるそうです。

つい最近にも実際にあった事例として、バックカントリー中のスキーヤーが”冬眠しないクマ”に遭遇し、怪我をしています。

26日午前10時55分ごろ、長野、新潟両県にまたがる北アルプス乗鞍岳(通称・白馬乗鞍岳、2469メートル)でバックカントリースキーをしていた岐阜市の男性会社員(35)がクマに襲われたと、同行者から119番があった。男性は頭にけがを負ったが意識はあるといい、長野県警が救助に向かった。

大町署によると、男性は知人の男性と2人で26日に入山。滑走中に成獣とみられるクマに遭遇した。クマはその場から逃げたという。(2017.11.26 サンスポ)

http://www.sanspo.com/geino/news/20171126/acc17112616070001-n1.html

この場合、人間としては相当な恐怖ですが、斜面を滑走してきた外敵に遭遇した熊の側もかなり怖かったと思います。

冬眠しないクマが増えている!?

熊が人を襲うとき

そんな背景もある中、私も斜面で何度か穴にハマり、その都度その事故の記憶が頭をよぎったものです。

近年では”冬眠しない熊”の存在もしばしば指摘されています。これは昔から例外的にいた(通称:穴持たず)そうなのですが、当時は餌不足で冬眠の準備ができなかったから冬眠できずに餌を探し回っていると思われていたそうです。

が、近年の研究では、むしろ逆で「栄養が豊富で冬眠する必要がない」個体が冬場にも歩き回っているという事がわかって来ました。しかも増えているっぽいです。

これは熊に限らずアナグマなども同様で、本来冬の間は出ないはずなのに時々現れるのだと猟師さんが言っていました。ちなみにアライグマは冬の間はぱったり出没が止むのだとか。今のところ。

よってこれからの時代は、バックカントリーのリスクの中に「熊との遭遇」という項目も明記しておいた方が良さそうです。

恐羅漢山頂
山頂へ復帰。

尚、熊ついでに書きますが、ツキノワグマは本当に臆病らしく、人間に遭遇するのを嫌うそうです。有名な話ですが。

で、この恐羅漢から比較的近くに住んでいる熟練の猟師さんが言うには、人が山を歩いている時、割と普通にその辺にいるのだそうです。人が怖いので茂みの下でじっとして通り過ぎるのを待っているのだと。犬が一緒にいる場合、犬が見つけてしまうのでやっかいなのですが、仮に熊にばったり出会ってしまっても、目を合わせずに逃げもせず、うろたえもせず何もなかったかのように通り過ぎる事で事故は防げるのだそうです。普通の人には無理だと思いますが・・。

恐羅漢山頂
恐羅漢山頂。モンベルのランドナーパックとポール、アトラスのスノーシュー。

尚、今回使用した機材はATLASのスノーシューとモンベルのウルトラライト・ウォーキングポール、バックカントリー用のランドナーパックで、日帰り程度の装備。ポールは軽くしたかったのでトレッキングポールよりも軽いウォーキング用の超軽量モデルで横着しましたが、やはり通常のアルパインポールの方が安心だと痛感しました。

というわけで、バックカントリーは自己責任で。自然と触れ合いながら最大限に楽しみましょう。

旧羅漢山バックカントリー

株式会社 Forema 代表

猪のスペアリブ

鹿肉BBQセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です