猫の味覚

スコテッシュホールドとマンチカンについて知っておいてもらいたい事

近年大人気となっている猫スコテッシュフォールドとマンチカン。飼われている人、これから飼いたいと思っておられる方は多いのではないでしょうか。

そんな方にスコテッシュフォールドとマンチカンの歴史や健康面、仔猫の選び方からご飯についてぜひ知ってもらいたいと思います。

猫が鹿肉を食べてもいい!? 愛猫と鹿肉について語ります

スコテッシュフォールドとマンチカンの歴史

現在では人気のある種類として有名な2種ですが、猫種として世間に知られるには多くの時間を要した歴史があります。

スコテッシュフォールドの猫種認定の経緯

先に世間に知られることとなったのはスコティッシュフォールドでその歴史は、1頭の白い猫にさかのぼります。

1961年にイギリス・スコットランド地域の農村で羊飼いをしていたウィリアム・ロスが発見し、スージーと名付けて飼育を始めました。

しっかりした体格で真っ白な被毛、人懐こく賢く愛らしい気質で、不思議な形の折れ耳をしたスージーは、ロスの手により交配され子猫を生みました。その中に、スージー同様の折れ耳の子猫がいたことから、ロスは折れ耳猫の繁殖を始めることにしました。

1966年、ロスはGCCF(イギリスの猫種血統登録団体)に登録し、スージーの産んだ白いメス猫を土台に、折れ耳猫の品種確立を目指して本格的に繁殖を始めました。GCCFは当初、スコティッシュフォールドの品種確立に協力的でしたが、骨格と聴力の異常が続発したことから、1971年には1度、この猫種の登録と繁殖を中止する決定を下しました。

イギリスで繁殖を中止することになったスコティッシュフォールドは、アメリカへ輸出されて繁殖を続けられることになりました。スコティッシュフォールドの遺伝疾患と品種確立の研究はアメリカでも続けられ、1970年代後半までに、交配の際にアメリカンショートヘアもしくはブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、スコティッシュフォールドの個性を維持しつつ、遺伝疾患の影響を小さくできると結論付けました。
そして1977年、CFA(アメリカ猫愛好家協会)、猫種として登録が認められることになりました。

マンチカンの猫種認定の経緯

一方、マンチカンは古くから手足の短い猫の存在は世界各地で確認されていましたが「突然変異体」として認識され猫の品種として認められず、なかなか世間にも浸透しませんでした。

しかし、1983年にアメリカのルイジアナ州で当時音楽教師だったリンダという女性が、ブルドッグに追われてトラックの下に逃げた手足の短い野良猫を保護したことでマンチカンの歴史が始まります。

リンダは保護した野良猫に「ブラックベリー(Blackberry)」という名前をつけました。ブラックベリーは様々な研究に使われ、遺伝学上の検査結果としては障害はなく至って健康的な猫であることが確かめられました。

やがて、ブラックベリーは通常の手足の長さの猫との交配をし、ブラックベリーは妊娠し子猫が生まれました。すると、ブラックベリーが産んだ子猫の半数以上が同様の手足が短い子猫だったのです。

このブラックベリーから生まれた手足の短い子猫のうち「トゥールーズ」という名前をつけられたオスの子猫がブリーダーに引き取られ、短足猫の繁殖が始まったのです。

近親交配による遺伝子疾患のリスクを減らすために交配相手は短足猫以外の猫が使われ、異種交配が行われました。そして、手足が短い子猫たちを「オズの魔法使い」に登場する小人の名前にちなんで「マンチカン」と名付けられました。

育種されたマンチカンは、1991年にニューヨークで開催されたキャットショーで初めて展示されたのです。この事により様々な論争を巻き起こす事となりました。手足が短く小さいマンチカンの見た目に愛くるしく魅力を感じる人や、遺伝的な異常がある猫だという考えと意見が分かれました。

「障害もなく健康上問題が無いため、交配を積極的に肯定するべきだ」という意見と「突然変異は遺伝子に問題があり、免疫力が低いのではないか等の様々な問題を懸念し交配を公認するべきでない」という意見との衝突がありました。

この時のキャットショー以降「単なる突然変異だ」と結論付けられてしまいましたが、後にアメリカ各地で短足猫が発見され繁殖が続けられました。

スコテッシュフォールドとマンチカンの健康面について

この2種の共通点はどちらも遺伝的な疾患があるのでは?という所で足止めを食いながらも認知された所ですが、結局、本当に健康面に問題は無いのでしょうか。

2種の平均寿命

猫の平均寿命が14~15年とされる中、スコティッシュフォールドの平均寿命は約11.5歳、マンチカンの平均寿命は11.2歳との調査報告が出ており、どちらも比較的短命な傾向にあるとも言えます。

骨軟骨異形成症

スコティッシュフォールドやマンチカン以外にも、アメリカンカール・ペルシャ・ヒマラヤンなどの、鼻や足が短く足の短い品種によく見られる遺伝性の病気です。

さらにこの病気は進行性のため、猫が成長するに連れて手足の変形が進んだり、骨瘤が大きくなっていったりします。この病気を発症しても、完治する方法は今のところ確率していません。

そのため、痛みに対する対処療法として、投薬や放射線治療などを行ない、痛みを緩和させてあげるしかありません。

スコティッシュフォールドはスコ座りがかわいいこともあって、とても人気のある猫ですが、他種の猫と同様にこのような病気があることはあまり表に公表されません。

ただし、100%遺伝するというわけではなく、受け継がずに発症しない個体もいます。スコティッシュフォールドは折れ耳の方に人気があるため、折れ耳を交配させるブリーダーもまだ多くいるとされており、問題視されています。

スコ座りをするのは、その方が手足に痛みがなく、負担がかからないから、という意味でしているとしたら、単純にかわいいとは言えなくなってしまいますね。

子猫の頃は元気でも成猫になり発症すると高額の治療費が継続的にかかる上に完治しないということもあり、飼い主さんの中にはペットショップではこんなに手がかかるなんて聞いていない!と猫さんを手放そうとする方もいらっしゃいます。

知らなかったとはいえ、自分が望んで飼った生き物です。愛と責任を持って猫さんの寿命を全うさせる事が飼い主としての責任ではないでしょうか。

慢性腎不全

猫さんは10歳を越えた頃になると高齢期に入ります。高齢の猫では慢性腎不全が起こりやすいことが知られおり、室内飼いの猫の死因第1位となっています。

高齢になるとどうしても運動量は落ちてしまうので、バランスのいいご飯をあたえるように注意しましょう。

腎臓は身体の老廃物をろ過する機能を担っています。腎臓の機能が低下すると老廃物が身体に溜まりやすくなるため、排出を促すよう新鮮な水を与えるなどして飲水量を増やしたり、腎臓病用の療法食に切り替えるなどの食餌の管理が大切になります。

腎臓は一度壊れてしまうと元に戻らないため、進行を遅らせることを目的とした治療を行うことになります。水を多量に欲しがり、たくさんおしっこをする多飲多尿の症状があれば、腎不全の可能性があります。血液検査などでわかるので動物病院で獣医師さんに診てもらいましょう。

もちろん、これらはあくまで一般的な話であり、病気にならない子や20年近く生きる子がいることも事実です。

飼い主さんが病気や寿命について悲観し過ぎてしまうと、その気持ちは猫さんにも伝わってしまい、お互いにストレスを抱えかねません。

子猫の選び方は?

猫の健康状態を見る時は、必ず1度は抱っこをしましょう。子猫の場合は、小さくても骨格がしっかりとした体つきなのか、活発に動くのか確認しておきましょう。
気になることがあれば、店員さんやブリーダーに質問し、はっきりと答えられない場合は購入を避けた方がいいかもしれません。納得いく説明が受けられるところから猫を購入したほうが安心できますよね。

鹿の骨髄ジャーキー【ボーンマロー】(粉末タイプ)
子猫でも食べやすい「粉末タイプ」
  • 内容:内容: 粉末50g x 1
  • 種類: キュウシュウジカ
  • 産地:宮崎県
  • 部位:骨髄

鹿の骨髄ジャーキー【ボーンマロー】(粉末タイプ)

食餌の管理

スコティッシュフォールドやマンチカンは肥満になりやすいとされています。肥満は様々な病気の原因となり、心臓にも負担をかけます。

遺伝的に関節の病気になりやすいので、太ってしまった時は激しい運動などによるダイエットは不向きです。1日に与える食餌の量を決め、与え過ぎを防止することで適正な体重を維持しましょう。

この2種に限りませんが、尿石症も猫がかかりやすい病気の1つです。体質にもよりますが、尿石症の原因の多くは食餌によるものや飲水量の減少です。

マグネシウムやリン・カルシウムなどのミネラル成分が膀胱などで結晶化することにより起こるので、これらを制限した食餌(療法食)を与えることが大切です。おかかや煮干しは与えない方が賢明です。

猫と鹿肉の相性について考える

猫は猪を食べても大丈夫? だれも教えてくれない猫と猪の話

 

この記事を読んだ人にオススメしたい商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です