Forema 農園の枝豆

三姉妹農法に失敗した件のレポート

最終更新日:
公開日:2020/12/22

農業で、三姉妹農法という方法があります。以前サクッと取り組みを開始し、いつの間にやら失敗していたので、教訓のためにもここに経緯を記載しておきます。

三姉妹農法とはなにか?

Forema 農園のとうもろこし
Forema 農園のとうもろこし。

三姉妹農法は、とうもろこしを軸に、豆類、そしてカボチャをセットにして育てるもの。

とうもろこしが天にそびえ、豆はそれを支えにして一緒に伸び、カボチャは地表を覆って雑草の繁殖を抑えます。アメリカの原住民が古来から行なっていた農法だとされています。

豆類は土中に窒素を固定するので、土中細菌にとってもその他の植物にとっても良い環境が生まれます。化学肥料に頼らないのであれば、窒素の固定は外せないところです。

一方、カボチャが横にわさわさ伸びて豆類とともに地表を覆うことで雑草類の進出を阻み、また表土を直射日光から守ることで土中の保水が継続します。

書けば簡単。誰でもできそうでびっくりします。が、現実にはそうはならなかった。

Forema 農園での取り組み

Forema 農園の看板
Forema 農園の看板

この三姉妹農法は、不耕起栽培と組み合わせ、弊社の廃校物流センター近くにあるForema 農園で今年の初夏から実戦したもの。

その流れは下記の通りです

5月末
とうもろこし の芽
とうもろこし の芽
広島市内の本社事務所プランターにて、とうもろこしと豆類を播種。すぐに芽が出てすくすくと育つ。少し遅れてカボチャも登場。とうもろこしと豆類は市販のものである一方、カボチャの種は無農薬農家さんから購入したカボチャから採取したもの。基礎体力の高さに期待。
6月上旬
Forema農園に植えられたトウモロコシの苗
Forema農園に植えられたトウモロコシの苗
少し遅めながら先にとうもろこしだけForema 農園の不耕起エリアに移植。2列の計12本。
6月中旬
Forema 農園の枝豆
Forema 農園の枝豆。天まで伸びて巨人が降りてくる勢い。
枝豆、ささげ豆をとうもろこしの間に移植。少し遅れてカボチャも移植。
6月下旬
カボチャとクローバー
カボチャとクローバー
梅雨前半は雨が少なくひやひやするも、とうもろこし、カボチャ、豆類共に健在。特にとうもろこしの伸びは在野の草花を圧倒するものであった。
7月中〜下旬
フォレマ農園のアマガエル
異様に雨が多く、光が出ない。この間カボチャが在野の草花に押され、地表を覆うどころか逆に覆われる羽目に。
7月上旬〜
とうもろこし に巻きつく枝豆
とうもろこし に巻きつく枝豆

枝豆がとうもろこしに巻きつき始める。が、とうもろこしが思ったよりヤワで、枝豆に引き倒されそうなシーンもあり。この頃から在野の草花の猛追が始まる。
8月上旬
在野の草花に圧倒される農園
在野の草花に圧倒される農園
梅雨明けとともに在野の草花が驚異的な伸びを見せ始め、とうもろこしを果敢に追撃。この頃にはカボチャの存在は皆無となる。
8月中旬
とうもろこし に絡み続ける枝豆
とうもろこし に絡み続ける枝豆
お盆前の時点では密林状態ながらも切磋琢磨していたこうもろこしと豆類の2姉妹でしたが、お盆前後の連続した猛暑日で壊滅。お盆が開けてみれば、豆類がとうもろこしを地に引き倒し、全滅の様相でした。豆類は、他の大きめの在野草花にかたっぱしから絡み、下の方では果敢に横に伸び、8月末の時点で、最大の勢力に到るのでした。

なんでそうなったか?どうすればよかったか

荒れ果てた農園
荒れ果てた農園

子供のケンカに手を出せ

今回は、あえて水やりもしない、初回以外はほぼ草刈りもしないという観察フィールドだったので、なるべくしてなったとも言えます。ではどうすればよかったのか?

明快なのは、少し草を刈って手助けしてあげる。たったそれだけのことを何度かやるだけで良かったように思います。子供の喧嘩に大人が出るというわけです。

お水は雨水の汲み置きがあったので、たまにはあげればさらに良かったのだろうと思います(※)。(※今回は自然界の中での共存・生存が主だったので、おいしいかどうかはまた別)

在野の草木は生き残り、野菜が死滅した理由

クローバーと共生するマメ
クローバーと共生するマメ

今回の三姉妹農法で、あえて放置に徹したのは、在野の草木が育つのならば(=オーガニックな健全環境であれば)野菜たちも健全に育つだろうという仮説があったからです。

が、現実にはそうはなりませんでした。なぜか。

野菜は畑という「親切な環境」に最適化して進化して(というか改良されて)きたから。農業の始まりは8000年前とも言われますが、自然界の中の突然変異種を人間が選別して育ててきたのが始まりです。

その突然変異種は、自然界の中だと淘汰されていたかもしれない種で、要はサバイバル向きではないという事。

また、在野で取捨選択され生き残ってきた種と、どこかの種メーカーが化学肥料ありきの前提で量産した種のポテンシャルが同じではないという話です。発芽率は悪いが抜群にタフな種と、”よわよわ”かもしれないが80-90%が発芽する種。商品になるのはどちらかと問われれば、今の日本社会は後者をえらぶのだろうと。

その”よわよわ”は、当然在野のサバイバーには太刀打ちできないというのが真相だと感じました。だから子供の喧嘩に親が出て行って草刈りをしなくてはならない。

農業の起源については、下記の書がとても参考になるのでおすすめ

余談ながら、ここで1種生き残った枝豆と同じプランター出身の株が、私の自宅の家庭菜園でも一人勝ちしていたのですが、秋口に気まぐれでまいたサラダ菜に完敗しました。サラダ菜は、ちょっと触ると破れるほどにやわなのに、そうではない別の力学で圧勝したのでしょう。

どうも土の下で何か起きていたっぽいのですが、詳細はよくわかりません。サラダ菜は、まくタイミングが悪かったのでほとんど芽が育たなかったのですが、枝豆の周りでだけすくする育ち、やがて主人を倒してしまったという流れ。

自然界の不思議。

Forema 農園のその後

最後に、完敗した三姉妹農法の脇で、ひっそりと生き残っていた他の野菜について、サラッと紹介しておきます。

シソ
シソ。この辺には野良シソもいるらしいのですが、これは農園の正規メンバー。
これは名前忘れた..
トマト
秋口に敗戦処理の草刈りをしたら茂みの下から出てきたトマト
オクラ
終始安定していたオクラ
猪による視察の痕跡
猪による視察の痕跡

このたび幸いにも知見を得られたため、来年はさらに(??)有益な農園へと発展させたいですね。

この記事を読んだ人にオススメしたい商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です