猪ヒレ肉について

猪肉の中で最もヘルシーで柔らかいのは、何といってもヒレ肉でしょう。

筋がほとんどなく歯切れも良いので、ロースやバラではちょっと食べづらい…。といった中高年の方には特にオススメしたいのです。

というのも、”猪肉のアンチエイジング効果が凄い”から。

猪肉のアンチエイジング効果について

以前投稿した記事でも触れていますが、最近の研究で猪肉にはコエンザイムQ10が豊富に含まれる事が分かってきており、認知症リスクの予防が期待されているということが発表されています。このコエンザイムQ10は美肌効果以外に細胞そのものの老化を防ぐ効果があるのだということです。

健康な体づくりをしたいなら、ジビエ肉を食べよ!

長寿大国日本

現在全国の100歳以上の人口は6万7千人に上ります。段階の世代・いわゆる戦後の第一次ベビーブームに生まれた人達が後に100歳を迎えるころには、100歳以上の人口がなんと60万人以上になるといわれています。(因みに1昨年度のデータでは日本人男性の平均寿命は80.5歳・日本人女性の平均寿命は86.8歳といわれています。)

何が言いたいかというと、60歳は長生きしているお年寄りなんかではなく、現代社会においてはまだまだ活躍できる大切な人材だということです。

心身ともに元気ならば、年金なんて微々たる収入に頼りながら細々と生きる60代よりも社会に貢献し、様々な経験を積んだ頼られるべき存在として活躍する方が人生もっともっと楽しくなると思うのは私だけでしょうか?

ともあれ、年を重ねるとそれなりに体力の衰えなどは発生してくるもの。元気に働く(過ごす)為にはやはり、最重要な資本ともいえる「健康な体」があってこそ。そこで、日頃の食から認知症や老化のリスクを減らすことが出来ればこれに越したことは無いわけです。

健康的に年を重ねるための食

なので、私は60代をじきに迎える方には特に猪肉をオススメしたい訳ですが、60歳を超える頃にはお肌の油分が少なくなってくるお年頃です。その対策は外部からの保湿プラス内側からの豊富な栄養です。歯茎が弱った方にも柔らかく優しく且つヘルシーな猪ヒレ肉をカラっとヒレカツにして食べるとその晩からもうテカテカしちゃうくらい効果抜群なんです。

やわらか猪ヒレカツのゴマ味噌ソース

◎猪ヒレカツのレシピは下記から↓

https://www.fore-ma.com/recipes?category=21

猪の下処理についても過去の記事より添えておきます。

ジビエ肉の下処理のまとめ -猪 -

猪の栄養分の特徴

以前の記事でも書いてありますが、もう一度猪の栄養分の特徴について述べておきます。

  • 高タンパク
  • 低カロリー
  • 低脂肪
  • コラーゲンが豊富
  • ビタミンB1がやや豊富
  • ビタミンB2が豊富
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • カルニチンが豊富
  • アンセリンが豊富
  • ミネラル豊富
  • イミダペプチドのひとつ、カルノシンが豊富
  • コエンザイムQ10が豊富

栄養剤も良いですが天然の猪肉を、もう黙って食べてほしいのです。

猪肉の購入について

 

猪ヒレ

ヒレは一頭から取れる量が少ないため、希少です。お早目の購入をオススメいたします。

(一般用) Forema : https://www.fore-ma.com/

(業務用) Forema pro:https://pro.fore-ma.com/

(一般用)

・猪ヒレ肉福岡県産 https://www.fore-ma.com/product/57

(業務用)

・猪ヒレ肉 長崎県産 https://pro.fore-ma.com/shops/products/150

・猪ヒレ肉 島根県産 https://pro.fore-ma.com/shops/products/165

 

猪のスペアリブ

鹿肉BBQセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です