鹿トライプについて

ワンちゃんの健康の為に、何が良いのか日々模索されている飼い主さんへ是非お勧めしたいのが「グリーントライプ」。

日本では、まだあまり広くは知られていませんが世界の愛犬家・ブリーダーさんから絶大な信頼を得ているようです。

グリーントライプとは?

「トライプ」とネットで検索すると出てきますが、トライプとは、草食動物の中でも牛や羊・鹿など4つの胃を持つ反芻動物の胃袋のことです。

ホルモンというと分かりやすいかもしれませんが、ホルモンはあくまで人間用なのでしっかり洗浄・漂白されているものですが、ワンちゃん様に与える「グリーントライプ」は無洗浄の胃袋です。

無洗浄なので、草食動物の食べた草などの色素・栄養素がそのまま残っている状態です。

なぜ、無洗浄の胃袋が良いのか?

犬は本来は肉食動物です。犬の祖先であるオオカミは草食動物を捕らえるとまずは内臓から食べるそうです。なぜかというと、草食動物の内臓には肉食動物が生きていくために欠かせない栄養素がたくさん詰まっているからです。

自然界での肉食動物の栄養バランスの取り方

草食動物は植物を食べて消化する過程で必要な栄養素をつくり出すことができますが、肉食動物の腸は肉の消化には適していますが、腸が短く、さらに繊維を消化する微生物も活動しておらず酵素もありませんので、草や葉っぱなど植物を食べても消化・吸収できる仕組みになっていません。なので肉だけでは接種できない栄養を草食動物の内臓から摂取して、体の栄養バランスを保っています。

グリーントライプが犬にとって良い理由

草食動物が食べたものを反芻する過程で作られる消化液消化酵素プロバイオティクス(乳酸菌)プレバイオティクス必須脂肪酸ビタミンアミノ酸などは、犬の胃腸内の消化を助けて栄養を効率よく吸収するのに必要な成分ですが、それが豊富に摂取できるのが、グリーントライプなんです。

胃の内容物は含まれるのか?

上記のような栄養素を摂取するためには無洗浄のものが良いのですが、胃袋の内容物はほとんどが「草」なので元々肉食の犬には消化・吸収することができないため、ほとんどが必要ありません。

ですので、Foremaで扱っているトライプは、第1の胃から第3の胃の栄養が一番吸収されている部位だけを使い、(※第4の胃は腸と隣り合わせの為、大腸菌の混入をなるべく回避するために使用していません)内容物のほとんどは取り除き、栄養素が豊富に存在する胃の内壁にくっついているものだけはそのままにしてあります。

そして、胃の内容物が付いている状態なので、ほとんどがすぐに発酵してしまう為、100g前後の小分けにすることで、一旦開封し、再冷凍・再利用する場合に劣化するのを最小限に抑えれるようにしています。

およそ100gのトライプです。

トライプは生で与えるのが良いのか?

加熱をしていない、生の状態のものでないと、消化酵素や善玉菌、上記の大事な栄養素が壊れてしまうため、冷凍してあるトライプは解凍し、そのまま生で与えてもらうのがベストです。

生のグリーントライプは、下痢気味だったり便秘気味の、お腹のトラブルを起こしやすいワンちゃんに特にお勧めです。

その他、愛犬の胃の消化を助けたり筋肉を強化するアミノ酸が含まれており、歯をきれいに保つのを助けるなど、ワンちゃんの健康を維持するためにとても役立ちます。

ただ、このトライプは、人間にとってはとても辛い臭いがします。

しかし、ワンちゃんにとっては強烈に食欲を掻き立てる良い匂いなようで、トライプを嫌いな犬はいないともいわれるほど、どのワンちゃんもトライプを前にすると狂喜乱舞するのだとか。

そんな、栄養満点でワンちゃんが大喜びするトライプ・・・・!

是非、お試しいただければと思います!

ペット用 鹿のグリーントライプ100g → https://www.fore-ma.com/product/156

便利でお得な定期便は下記から↓↓

ペットさん定期便

ペット用ジビエ

猪のスペアリブ

鹿肉BBQセット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です