ペット用の猪肉

ペットさん定期便用の猪肉を試食しました。

今や犬や猫は、「ペット」ではなく、もうパートナーだったり家族の一員になっている家庭も少なくないと思います。

大切な家族だからこそ、出来るだけ長く元気で傍にいて欲しいと願うもの。ただ、どうしても人間よりも寿命が短いのは受け入れなければならない現実です。

ジビエ肉ペットごはんの効果

シニアペットの食欲増進・栄養補給に

年老いた犬や猫は人間と同じようにだんだん体力や活力が低下していき、さらには食欲をなくしていったりします。そんなシニアペットに鹿肉や猪肉を与えることで栄養価が高いだけでなく食欲増進にもつながるということで、とても重宝されているようです。

 

ペットさん定期便

そんな需要にお応えして、Foremaではこの春から始まった「ジビエ定期便」に続いて「ペットさん定期便」を始めました♪

 

毎日のことだから、人間用の食肉しかもジビエ肉を与えるとなると、とても高くついてしまう・・でも年老いて食欲もないし、どうにか食べてもらいたい!

そんな飼い主さんには、朗報です!↓↓

https://teiki.fore-ma.com/

ペット定期便に使われるお肉について

現在食肉用としてジビエ肉を出荷してもらっている産地では、スライスしたり、成形する際にどうしても端肉(切り落とし肉)が出てきます。

それを切り落とし肉として、売り出している産地もいれば、ミンチにして売り出している産地もあります。ただそこには手間がかかってくるので、当然値段も高くなってしまいます。

他には、獲る時点で何らかの理由(暴れたり、脱臼したり・・・)で血が回ってしまった個体のお肉は、劣化が早く食肉用としては使われず廃棄になっていたり、または廃棄肉をペットフード業界に大量に卸す場合もとても安い値段で買いたたかれてしまうため、出荷の為の人件費も捻出できないといった現状もあります。

廃棄肉や肉質の荒い個体のスネやウデ肉などを通常のジビエ食肉よりも安価でありながら産地のデメリットを減らし、買い手と売り手、廃棄処分の現場にとってハッピーな仕組みが出来れば、その方がいいわけです。

サンプルを試したシニア犬の場合

生き物は食べれなくなったら悲しいですが死が近いということ。

食べなければ生きれないからです。

16歳になるダックスのいる家庭にジビエ肉をサンプル提供したところ、年を取ってドックフードに寄り付かなかったその犬が、なんとごはんを食べるようになったようです。飼い主さんはとても喜んで、今後もジビエ肉を続けていく意向だということ。

少しの工夫で、少しでも長く一緒に居られるようになれたら嬉しいですよね。

サンプルを試食

ここでやっと本題なのですが、

そのペット用のサンプルを焼いて試食してみました♪

どれほどの差があるのかを知ってみたかったというのもあります。

①猪肉(長崎県産)

◆左上が切り落とし部位混合・右上は廃棄肉(血が回ってしまったもの)・右下はスネ肉・下真ん中はウデ肉ブロック・左下はウデ肉の切り落とし

※岩塩とレモンを添えて、せっかくなので美味しそうに盛り付けてみました。

◆左上が猪スネ肉ブロック(を薄くスライスしたもの)・右上はウデ肉ブロック(を薄くスライスしたもの)・左下は廃棄肉(血が回ってしまったもの)・真ん中はスネやウデ中心の部位混合の切り落とし肉・右下はウデ肉切り落とし

さて、試食・・・(・ω・)

  • スネ・・・薄くスライスして良く焼いたので、コリコリと砂肝のような味わい。美味しい。
  • ウデ肉ブロック・・・やはり筋があり肉質も固いが、じっくり焼いたので、食べれる固さになり味は食肉と変わりなく美味しい。
  • 廃棄肉・・・焼く前にねっとりとした血液をしっかり洗い流して水気を切り焼いたからか、、焼いた部位がちょうど美味しい部位だったのか、フレッシュさに欠けるものの普通に食べれる味。
  • 切り落とし肉・・・猪肉にしてはあっさりとしているが、味は◎。
  • ウデ肉カット・・・これは、ウデ肉ブロックと同様の味でした。(加工方法の違いだけなので)同じサイズにカットしてあるので、小分けがしやすいだろうな。という印象。

 

②つづいて鹿肉

◆左が主にバラ肉の切り落とし。左はスネ肉のブロック。

左がバラの切り落としを小さく切ったもの。左はスネ肉を薄くスライスしたもの。

さて、試食②・・・(・ω・)

  • バラ肉切り落とし・・・脂身を感じられる、シャクっとした噛み応えで味わい深い。小さく切れば、切り落とされた理由の膜だったりもほぼ気になりません。
  • スネ肉・・・鹿スネ肉は、オリーブオイルたっぷりで焼きました。ハツにも似た食感で美味しいです。

このサンプルはB品として出荷されていますが、人間用の食肉用を切り落としたものが中心なので、当たり前ですが美味しいんです。

その為、あまり量は出回らないそう。

試食してみて

食べてみて思った素直な感想は、廃棄ってなんなんだろう・・・でした。

今回のサンプルを提供してくれた産地は長崎県の昨年新しくできた解体所なんですが、普段から食肉として購入された方からの評判の良い産地なので、もともとが美味しい素材だった。というのも理由の一つかもしれませんが、なんともクオリティの高いペットフードといえます。

こんな感じなら、普通に私も食べたいよっとなる程でした。(笑)

下記のリンクから、定期便の詳細をご覧いただけます。

https://teiki.fore-ma.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です