深入山バックカントリー

深入山バックカントリー

広島でバックカントリーと言えばこの山。深入山のトレッキング&滑走を行ってきましたので簡単にレポートしたいと思います。

深入山に登る

パウキチさんの聖地

孤高の禿山 深入山
青空にそびえる深入山。界隈においても異彩を放つ独立峰。

深入山は登山初心者にも優しく、ここで登山デビューする人もいるようです。春や秋などは老若男女が多く集まり散策を楽しんでいる山。ふもとには温泉があり、しかしツキノワグマも普通に出没するという、人間界と自然界の入り混じる緩衝地帯のような場所でもあります。

そんなセラピースポットも、冬場になると豪雪が人の侵入を阻み、一切の無人状態となります。一部の人たちを除いて・・。

雪が降ると仕事を休んでまで(?)集まってくるパウダークレイジーな人々、パウキチさんたちにとってはここは聖地。豪雪をかき分けて登攀し、そこからハゲ山にラインを刻む無上の喜びこそが生きる証と感じる人が、この世には確実に存在します。

雪の断層
山頂付近の雪の割れ目。ここから崩れて雪崩となる。

そんな愛しの深入山は、しかし先週(2018.2.14)ドローン撮影した時点で既に雪面に巨大な亀裂が生じていました。ハゲ山だから少しの気温上昇で雪崩が起きやすいのです。

深入山ブルー 広島でバックカントリーの聖地

そして今回、別件で通りがかったところ南面が激しく崩落しており、今シーズンは既に終了の容貌が露呈。これはまずいと思い急遽登山に踏み切った次第です。

最短距離から登る

深入山南面
急でガタガタの南面からまっすぐ登る。先人らの足跡が凸凹で歩きづらい。

登山ルートはいくつかありますが、今回は山頂をまっすぐ目指すせっかちで急勾配のルートを選びます。

雪はすでに脆く、一歩一歩は重いもの。愛用しているスノーシューは面積が大きいタイプなので、平地では浮力が稼げますが急な登りでは適性が下がります。それをカバーするのがトレッキングポールの役目で、雪上の四足歩行によって人類も快適に雪山を移動する事が可能になります。

麓から少し登ったところにある岩地。ここまででも息は上がる。

トレッキングポールの使い方は杖と同じだと思いがちですが、実はただの杖にあらず。正しく使うと特に上り坂で強力な推進力を稼ぎ出します。以前この界隈で開催された100キロウォークに出場した際、省力歩行のためにポールウォークをそれなりに習得したのですが、それらは雪山でも通ずるもの。肘・腰の使い方によって劇的に登坂が楽になります。

中国山脈横断100キロウォークで鹿モモ肉の燻製

亀裂が危うすぎる

崩落した斜面。
崩落した斜面。こういう危険なシーンは極力避けたい。
地割れのような雪面。
地割れのように雪面が割れて崩れた跡。断面は1m以上あり、スノーシューを履いての上り下りは苦難。回り道を選ぶ。

一心不乱に登っていると、いつの間にやら標高は高くなり、斜面は急に。と、その角度に耐えきれなくなった雪面が突如崩落しているシーンに出会います。ハゲ山ならではの皮を剥いたような雪崩で、これは巻き込まれたら非常に恐ろしいです。

雪面に亀裂。写真ではわかりづらいが深さは1.2m以上ある。

もろに崩落している場合はむしろわかりやすのですが、急斜面では今から崩落するであろう不気味な亀裂が突如現れるので狼狽します。写真ではわかりづらいですが、この亀裂はポール(120cm)が底に届かないくらい深く、落ちたら最悪です。雪は圧縮されて岩石のようになっているので、落ちている時に雪塊がズレて挟まれたら圧死します。

春に雪が緩んで起こる雪崩と、厳冬期(の終わり)にハゲ山が硬いまま崩れる雪崩は雪質に違いがあるのかもしれません。

上部は強風

深入山の南面中腹。
中腹以降は崩落によってか不規則な雪面の隆起が目立つ。

デトックスのように汗が滴り落ち、体内は高温に。そしてその頃には山の中腹を超え、気温は下がって風が強くなります。木がない事もあってか、吹き付ける風は容赦無く、ハイシーズンなどは麓からでも雪が吹き飛ばされる絵をしばしば目にすることができます。

深入山から見た恐羅漢スキー場
写真中央に見えるのは恐羅漢スノーパーク。これが見えるとホッとする人もいるはず。恐羅漢からも深入山はよく見える。

中腹からふと西を眺めると、遠くに見えるのは恐羅漢スノーパーク。恐羅漢は深入山より200m近く高いのですが、こうして眺める限りはなだらかで同じくらいの標高に見えます。

恐羅漢の山頂および上級者ゲレンデからも深入山がよく見えるもので、潜在的に親しみを感じているスキーヤー・ボーダーも少なくないように思えます。地元の山と自然に感謝。

恐羅漢ブルー!バックカントリー

山頂まであとわずか
山頂まであとわずか。雪上ウォークは一歩一歩が重い。

そうこうしているうちに山頂が近づきます。このあたりは周辺に何もないので砂漠のような気持ちに。目線も下を見がちで、ふと顔を上げるといつの間にか山頂が迫っているという驚きを何度か繰り返し、ようやく山頂部に到達します。

ここを登り切れば山頂
ここを登り切れば山頂。10日近く降雪がないため、先人らの足跡が凍りついて彫刻のようになってる。

山頂はハゲ

深入山頂上部分をドローンで撮影。吹き上げる強風は空撮における脅威。

深入山の山頂はなだらかです。そして常に吹き付ける風によって頭頂部は薄く、雪の減った今回は地肌が露呈していました。上の写真は1週間前の早朝にドローンで撮影したもの。以後暖かい日が続き、今回の山頂は岩石ゴロゴロ。絵としてはあまり美しいものではありませんでした。

深入山山頂
周辺の山々を見渡す。本日は曇りの予報だったが、目まぐるしく天候がかわり、いくらかは青空の時間帯も。

山頂からは東面、北面、西面など色々な下山(滑走)コースがあるのですが、今回は登って来る途中である程度状態を把握できた南〜南東面を地味に下ります。

深入山山頂付近
深入山山頂付近。なだらかで遮るものなし。山頂部は雪が吹き飛ばされ地肌が露呈している。

広がる雪面はロマン。パウダーではありませんが、未整備(と言っても先人らの軌跡が多数)の自然非圧雪コースは無上の喜び。自然大好き人間にとっての成功報酬とはこの事。

深入山を滑ってくだる

遮るもののない非圧雪ダウンヒル

深入山南面ダウンヒル
なだらかに続くように見える斜面だが、実際にはいたるところに亀裂がある。

上から眺めるとしっかり整備されたゲレンデ同然で、一部のファンが熱狂するのも分かります。一見自然の恵みですが、実際には自治体や関係者が登山者のために地道な整備を繰り返した結果今があり、しかしその自治体(安芸太田町)は広島県でもっとも過疎が進む「もう後がない」状態。グリーンツーリズムで人とお金が集まる仕組みの強化がますます急務となっています。

やはり亀裂が危うい

滑走開始。
滑走開始。が、なかなか危うい。

滑走を開始するも、登る時に見てきた亀裂が頭をよぎり、及び腰の滑走に。ここは数日前に残されたとおぼしき「先人の滑走跡」の近くを滑って安全運転を心がけます。・・が、道は狭まり、亀裂は突如現れます。先人の滑走跡からも明らかに狼狽の様子が伺え・・。

峰の左右は谷。正面は亀裂。仕方なく一度ウォークに切り替え、難所を突破するに至った次第です。

バックカントリーに中毒性はあるか

上部から滑走。
快適に滑走。これだからやめられない。

今回は南〜南東を滑走したわけですが、そこから眺める限り東面は無傷で、斜度も緩いのでまだまだ十分楽しめたであろうと思います。

南東面中腹
中腹あたりまで滑走。ここは南東だが、東面は無傷であった。

斜面が緩い面はまだ崩落も起きておらず、中級ゲレンデのような快適な環境。整備されたゲレンデではなかなか出会えない「起伏の多い面」にはいくばくかの中毒性あり。

これがパウダーかつツリーランであった場合、その時の非日常感、スリル感には格別なものがあり、だいたい日本人の1割程度といわれる冒険者DNAの持ち主にとっては強い中毒性を発揮するのは間違いありません。

深入山上空から南方面を俯瞰。
深入山上空から南方面を俯瞰。ハイシーズンの早朝に撮影。

冒険者DNAの持ち主というのは人類の中に一定数存在するらしく、全体の3〜5%とか、1割〜2割とか色々言われていますが、日本人の場合、だいたい1割くらいという説を耳にしたことがあります。これは私の所見ともだいたい同じで、安定したサラリーマンに満足できず、あえてリスクのある独立/起業に飛び込む「いわゆる馬鹿者」の割合とだいたい同じです。(そのうち大半は死亡するが、一部が大成し、さらに一部が時代を切り開く)

私自身含め、日本において起業・独立している人は能力とか努力とか以上に、気質によるものがもっとも大きく、リスクだったり人がやっていない事に対しては異常に興奮を覚えるようなタイプが非常に多いです。だいたい10人に1人いるかいないかくらい、学校ではクラスでは1,2人くらいいる変わったやつの事。

恐羅漢山頂の樹氷を空撮
恐羅漢山頂の樹氷群。これは北側の斜面。いわゆる裏恐羅漢方面。

そういう人間は、学校では問題児として扱われ、日本の高度成長期には窓際に追いやられ、しかし時代が不安定となった21世紀以降は「起業家」として再び光が当たり始めます。振り返ればこの人種は、戦後の混乱期や時代が混乱した幕末などに台頭し、しかしそれ以前の江戸の太平の時代には底辺で忍耐し、さらにその前の戦国時代にはやはりメキメキと台頭してきた歴史があります。

さらに遡ればベーリング海峡を徒歩で超えた人類の祖先、太平洋に漕ぎ出していった一派、さらにはアフリカの大地溝帯からサバンナに踏み出した猿人の最初のグループがそれに相当します。

現在の日本において、電車が全く遅れず、地震が来てもほとんど倒壊せず、新幹線の部品に問題があっても事故につながらないなど、高度な文明を支えているのは「冒険者DNAを持っていない人たち」のおかげです。「安住の徒」である9割の日本人が我が国の文明を高度に維持し、しかしそれが機能しなくなった時、1割程度の「いわゆる馬鹿者」たちが必要とされる瞬間が訪れます。

雪山バックカントリーは、そんな1割程度のマイノリティーにとっての数少ない安息の場ではないかとすら思った次第です。

下山。登山者に出会う

登山道と合流
コースを下り切って登山道に合流するところ。及び腰での滑走だったせいかヘロヘロに。

コンディションも劣悪で気候も冴えなかった平日午後、登山者などいるはずもなく、登りも下りも単独での登山となったわけですが、ここにきて何と下山グループと遭遇。年長者1人、若者2人の異色メンバーで、私が突如斜面から登山道に落ちて来たものなので向こうも驚いたかもしれません。

熟練者の話では「まさかこんな日に・・」という時に限って山中で別のグループに遭遇することがあるそうです。向こうも「まさか・・」という顔をするのだとか。

そういう行動様式の人が一定数存在するという分かりやすい事例だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です