鹿の骨ジャーキー

添加物はできるだけ避けたい..愛犬に無添加ジャーキーのススメ

ペットのお店やネットショップでは、フードと同じくらいおやつが売られていて、飼い主としてはどれにしようか考えるのも楽しみの一つですね。

おやつは食べなくても生きていけますが、人間もたまには「ちょっと甘いものが食べたいな」と感じることがあるでしょう(筆者はいつも食べたいですが)。犬だっていつも同じフードばかり食べていては飽きることもあるでしょうし、何より愛犬の嬉しそうな姿を見るのは飼い主にとっても最高の喜びです。

しかし、そのおやつが添加物たっぷりで体に悪いおやつだったとしたら?食べ続けることで病気への手助けをしているとしたら?それでもおやつを与えることに意味があるのでしょうか?

せっかくおやつを与えるなら、食べると健康になるおやつがいいですよね。

鹿や猪が良い理由

鹿・猪は高タンパクで低カロリー。ダイエットやシニアの子にオススメです。他にもトレーニングのご褒美として、生食ができない、アレルギーがある場合にもジャーキータイプは使いやすいです。

また、品種改良されていない点、人工飼料で育っていない点、過密環境でストレスフルな状況で生育されていない点、抗生物質にさらされていない点も大きなメリットだと言えます。

鹿・猪ジャーキーをオススメしたい犬
  1. 生食が苦手
  2. 生食するとお腹が緩くなる
  3. おやつ大好き
  4. しつけのトレーニングをしている
  5. ダイエット中
  6. 食物アレルギーがある

ペット(愛犬・愛猫)用の無添加おやつについて語ります

国産・無添加!ジビエのおやつ 一覧

Foremaで取り扱っているのは国産の鹿・猪を使った完全無添加の健康おやつ。

その中でもジャーキーは人気で、色んなジャーキーを取り扱っています。

ジャーキーと聞くと塩っけが強いイメージがありませんか?

Foremaのジャーキーは無添加なので、もちろん味はついておりません。お肉そのものの自然の風味で、噛めば噛むほどじんわりと味が出てきます。

それではそれぞれのジャーキーをご紹介します。

<鹿肉・猪肉ジャーキー>

鹿肉ジャーキー
宮崎県産の鹿肉ジャーキー。
ペット用の猪肉ジャーキー
ペット用の猪肉ジャーキー

低温でしっかり加熱させてあるので、サクサクとした食感です。低温乾燥はふわふわの仕上がりに加えて、お肉の酵素を壊しにくいのでおやつでありながら栄養も取れるという優れもの。手で簡単にちぎれますので、愛犬のサイズに合わせた大きさで与えてください。
豚にアレルギーがある場合は猪肉ジャーキーにもアレルギーが出る可能性は高いのでご注意ください。

<鹿レバージャーキー>

鹿のレバージャーキー
国産。野生の鹿(ホンシュウジカ)のレバージャーキー

内臓系で特に人気の高いレバー。レバーは栄養の宝庫と言われています。生のレバーは調理するのが大変だし、与え方がよく分からないという人にオススメしたいのが「鹿レバージャーキー」。ビタミンや亜鉛、鉄分が豊富で被毛の健康を保ちます。免疫力が低下しているシニア犬にも食べて欲しいですね。

<鹿骨ジャーキー>

骨といっても部位によって太さが全然違いますね。骨を食べることで普段不足しがちなカルシウムやリン、ミネラルを摂取できます。Foremaで販売しているのはアバラ骨と大腿骨のジャーキー。

・アバラ骨ジャーキー

鹿のアバラ骨ジャーキー
愛犬も喜ぶ天然カルシウム。鹿のアバラ骨ジャーキー

アバラ骨は細いので大型犬なら簡単に噛み砕けてしまいます。バリバリとあっという間に食べてしまいますので、与えすぎにはご用心。小型犬にも食べやすいサイズになっていますので、犬種問わずオススメしたい商品です。

・大腿骨ジャーキー

鹿の骨ジャーキー
鹿の骨ジャーキー

噛みごたえのある大きな骨のジャーキーで、どちらかと言うと大型犬向けです。噛むことで顎の力を鍛え口内環境の改善に役立ちます。犬は骨の中にある髄が好きで、特に大きい骨だといつまでも噛んでいられるからストレス発散や暇つぶしになりますね。

愛犬のストレス解消と健康に貢献!鹿骨ジャーキーの話

<骨髄ジャーキー>

ボーンマロー 骨髄ジャーキー
ボーンマロー 骨髄ジャーキー

骨の中にある骨髄だけをジャーキーにした珍しい一品。動物の体を流れる血液は全て骨髄から作られており栄養の塊です。何より犬が大好きなにおいがするので普段のご飯にふりかけるだけで食いつきがよく、偏食の子にも食べて欲しい商品です。粗割タイプと粉末タイプがあり、好みによって選んでいただけるのも魅力です。

<鹿肉ふりかけジャーキー>

鹿肉ジャーキーふりかけ
鹿肉ジャーキーふりかけ

パラパラとしたふりかけタイプ。噛まずに食べられるので歯のない子や口の中が痛い時などの栄養補給に重宝します。ドライフードや手作り食にふりかけるだけ。食欲がない場合は飼い主さんの手に乗せてちょっとだけ舐めさせてみるのも良いですね。

このように一言でジャーキーと言っても色んな種類があります。

ペット用の鹿肉のジャーキーについて語ります

おわりに

Foremaのジャーキーはどれも無添加。

野生の鹿や猪は、野山を駆け回り自然の恵みを受けた植物や木の実などを食べて育った命。化学物質や過密飼育のストレスなど、人とは無縁の厳しい自然界で生きてきた強い命です。

体に悪いものは一切入っておりませんので、安心して与えられますね。

ヒューマングレードのフードや手作り食を与えていても、添加物のたくさん入ったおやつを一緒に食べていては本末転倒です。

普段のご飯と同じくらい安全なおやつを食べて、健康で元気な毎日を。

参考記事:完全無添加! ペット用(犬/猫)の鹿肉を販売しています

ジャーキー商品一覧へ

この記事を読んだ人にオススメしたい商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です