鹿肉ソテー✱トマトとバジルのソース添え✱

老化予防に、虫除けに、いろいろ嬉しいトマト&バジルのニンニク入りソースです♪

材料

鹿肉
(ソース)
トマト
バジル
にんにく
オリーブオイル
✱炒め用
(ピクルス)
ラディッシュ
純米酢
(トッピング)
ブロッコリースプラウト

手順

薄切りにしたラディッシュをお酢につけておく。
バジルは手でちぎり、トマトとにんにくは刻んでおく。焼く用のオリーブオイルはお好みの量で。
オリーブオイルを入れたフライパンで鹿肉を焼く。
鹿肉が焼けてきたらソースの材料を入れて軽く炒める。
お皿に盛り付けて、ブロッコリースプラウトを添えてできあがり♪

解説

【オリーブオイル】は腸の働きを活発にしたり、細胞膜をしなかやにする効果があります。
また、ポリフェノールの種類であるヒドロキシチロールも含まれており、体内の酸化や糖化を防ぐ効果があると言われています。
【トマト】に含まれるαーリポ酸は、細胞やDNAを傷つけてしまう恐れのある活性酵素の発生を、抑制する働きがあります。
【ニンニク】には臭いの元であるアリシンが含まれており、高い抗酸化作用があります。他には、抗ウイルス、抗菌、発がん性物質の除去、疲労回復にも効果的と言われております。✱3kgのワンちゃんには3g以下が目安です。
【バジル】は、ゼアキサンチンと呼ばれる高い抗酸化物質を含んでおり、殺菌やウイルスと戦ったり、酸化や糖化を防ぐ効果があります。
【糖化】とは、タンパク質に糖がくっついて劣化する事です。様々な生活習慣病の元とも言われています。
糖化すると、体内でのターンオーバーの邪魔をする性質があり、肌や骨、血管の老化を進めます。
酸化や糖化を防ぐ為には、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノール、αーリポ酸、等が効果的と言われておりますが、、、

安心してください(*^^*)
難しい事を考えずとも、普段の食事でほとんど摂れています!笑。

焼き物をする時にオリーブオイルを使ったり、トマトにオリーブオイルとレモンを添えたり、パスタで使う方も多いのでは無いでしょうか?(*^^*)

トマトもお弁当の彩に使ったり、何かと食卓に並ぶ事は多いと思います。

バジルは意識しなければ取り入れる事は少ないかと思いますが、気まぐれで時々バジルソースでも作ってみれば、何かと使う機会も増えそうです。

他に、上記で書いた栄養素を含む食材は、キャベツ、ニンニク、きのこ、ブルーベリー、キウイ、マグロ、牡蠣等様々な物にも含まれています。

高タンパクであるジビエを使いつつ、ソースやトッピングで色々な食材を取り入れれば、あとは体内で調整できます。

手作り食は栄養バランスが心配で難しいと言われますが、ビタミンCを摂ろうと思うと数え切れないほどの食材が上がるように、心配せずとも栄養失調になる方が難しいと思われます(*^^*)

この食材この栄養素が良いからと、大量に食べ続ければ何事も毒となります。程よく適度に気軽に、そろそろ虫の気になる季節だから、虫の嫌がるニンニクでも食べようかな!ぐらいの気持ちで、愛犬の喜ぶ手作りごはんを作っていきたいですね♪

犬ごはんレシピ 一覧を見る

ペット用 鹿肉/猪肉 商品一覧