鹿ソーセージ

昨日作った鹿ハンバーグの肉だねを1晩寝かせて、今日茹でて焼き上げてみました。大きさ的にははフランクフルトと言えると思いますが、腸詰めしてはいないので、なんちゃってソーセージです笑 余熱で茹で上げて表面はサッと焼いただけですので、各素材の風味がきちんと残っていました♪ 栄養素の損失も少ないと思います。 * ソーセージだけで撮影したかったのですが、何とも見栄えが悪かったので…下手な飾り付け⁈で ごまかしたつもりです笑 * 愛犬達と一緒にわたしも少しいただきました。美味しかったです、ご馳走様でした。

材料

鹿ミンチ肉
250g
青紫蘇(栽培期間中無農薬)
エゴマの葉(栽培期間中無農薬)
バジルの葉(栽培期間中無農薬)
レモンの皮(栽培期間中無農薬)
原木椎茸粉
藻塩
ブラックペッパー

手順

ボウルに鹿ミンチ肉250g位に、みじん切りにした野菜、椎茸粉を入れよく混ぜ捏ねます。 野菜の目安は葉物は1〜2、3枚ずつ、レモンの皮は親指先位量。 ※極少々の塩、ブラックペッパーは内臓の働きを整える効果などがあるのでわたしは入れますが、入れなくても大丈夫です♪
大きく取ったラップの上に3等分し、ウインナー状にして、キツく巻きキャンディ包みをします。
更にもう一度キャンディ包みをします。
アルミホイルでしっかり包みます。
完全に浸かるたっぷり量の熱湯を入れた鍋に入れ、落とし蓋をし、再沸騰したら火を止め予熱で仕上げます。
完全に冷めたら切り分けて出来上がりです♪

解説

免疫力、抗酸化、アレルギー、疲労回復などに効果がある食材を使った内容のものになりますが、体を温める効果もかなり高い内容のものにもなりますので、若くて元気なワンちゃん、暑がりワンちゃん、熱がこもりやすいワンちゃんよりは寒がりワンちゃんやシニアワンちゃん、冬季にオススメのウインナーになります♪


ところで最後の写真、どうしても中型サイズだった先代犬の1本グ…に見えて仕方なかった笑
形作りながらふとそう思い、切なくなりながらも笑えて…。
ウンチすら可愛い。
ウンチも愛おしい。
ウンチだって忘れない。

手作りご飯をしていると毎日毎回違う便が出る。
色、形、匂い、全然違う。
こんなのが出た時には『すっごい良いの出たねーっ♪』と、愛犬の腰とお尻周りを撫でくりまわしながら ついつい喜んでしまう。
ウンチも楽しみになる手作りご飯、楽しいな♪

犬ごはんレシピ 一覧を見る

ペット用 鹿肉/猪肉 商品一覧